時間ですよスペシャル 天使の誘惑

出演

森光子、石橋貴明、木梨憲武、南野陽子、篠ひろ子、地井武男、由利徹、かまやつひろし、真璃子 ほか

  • 放送未定

下町の銭湯に集う人々の人間模様を、笑いとさわやかな涙で綴った「時間ですよ」シリーズ。本作は、とんねるずの加入で好評を博した第5弾「時間ですよ ふたたび」のスペシャル版。ウメの義理の娘(!?)役でゲスト出演している南野陽子が入浴シーンも披露。オープニングから度肝を抜く久世演出が炸裂し、とんねるずの金粉ショーに水芸スタイルの森光子、サーカスの猛獣使いに扮した篠ひろ子など、数々の奇想天外なシーンの後、おなじみ「おかみさ〜ん、時間ですよ〜」の掛け声が入る。本作は21.5%の高視聴率を記録。

【ストーリー】
銭湯「梅の湯」に“3月いっぱいで閉店”の張り紙が出た。娘・弥生(篠ひろ子)の結婚を機に、ウメ(森光子)は店を閉めるつもりなのだ。勝(石橋貴明)、明(木梨憲武)、まり子(真璃子)も、次の就職先を探さなければならない。ところがその「梅の湯」に、食べ物がなくなるという超常現象が発生する。総出で探していると、床下から汚い娘(南野陽子)が出てきた。“美南子”と名乗ったその娘はなんと、ウメの亡き夫の隠し子だという。とりあえず「梅の湯」に居候することになった美南子。日ごろ人情厚いウメだったが、美南子に対しては厳しく接する。おまけに、式の2日前になって弥生が結婚をやめると言い出して…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1988年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : カノックス/TBS
  • プロデューサー : 三浦寛二、太田登、内野建
  • ディレクター・監督 : 久世光彦
  • 脚本 : 橋本以蔵
  • その他 : ※視聴率はビデオリサーチ調べ
TBS1 TBS2