ザ・サスペンス「闇のよぶ声」

出演

中井貴恵、石田純一、前田吟、加藤武、藤堂新二、辺見マリ、田島令子、荻島真一、青木勇嗣、根上淳 ほか

  • 放送未定

独特のユーモア文学を生み出す遠藤周作にしては珍しい本格長編推理小説のドラマ化。挙式を目前にしたヒロインの見た“夢”が運命の危険を予告していく。ドラマはヒロイン圭子の婚約者の兄弟が3人も家庭を捨てて謎の失踪を遂げるところから始まる。やがて婚約者の過去に、7年前の“少女レイプ事件”という予想もしなかった秘密が隠されていたことをもあばき出す。ヒロインの花嫁役に中井貴恵、その婚約者役に石田純一が扮し、静岡県浜岡砂丘で蟻地獄のような穴に呑み込まれるという決死の冒頭シーンを、阿蘇では火口近くで真夏のような太陽と蒸気の中で撮影しスリリングなシーンにも果敢に挑戦した。

【ストーリー】
挙式を目前にした稲山圭子(中井貴恵)は、婚約者である通産省のエリート田村樹生(石田純一)のベッドで、花嫁姿の自分が新郎の樹生と砂丘の蟻地獄のような空間に呑込まれる不吉な夢をみる。やがて、その夢は現実となって圭子に襲いかかる。樹生の兄で田村家の二男・捷平(青木勇嗣)が、沼津の自宅から深夜突然に蒸発したのだ。圭子の父・政之(根上淳)は、この結婚を断念するよう圭子を説得する。樹生の周辺を興信所で調べた政之は、長男の順吉も熊本の実家から蒸発したことを知っていたのだ。そして、恐るべきことに樹生のすぐ上の三男で、東海村原子力発電所技師の俊也(荻島真一)も、捷平が消えた後、謎の蒸発。田村家の兄弟4人は末弟の樹生のみとなった。圭子は愛する樹生のために、何としてもこの謎を解こうと大学の心理学助教授・会沢(前田吟)に協力を求める。

番組基本情報

  • 制作年 : 1983年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 中間正成
  • ディレクター・監督 : 国原俊明
  • 原作 : 遠藤周作
  • 脚本 : 佐藤繁子
TBS1 TBS2