繭をつくる女

出演

多岐川裕美、森口瑤子、船越栄一郎、藤堂新二、浜田東一郎、桂菊丸、大塚良重 ほか

  • 放送未定

川内康範原作「終宴」のドラマ化。美貌のラッピング・デザイナーの作った繭に隠された秘密とは…。ルミコという謎の名前が謎を呼ぶ!天城山の別荘で暴かれる恐怖の真実とは…。人々を感動させるアートとして人気を博している、天才ラッピングデザイナー・千佳子役に多岐川裕美、千佳子の影響で美しく変身し華やかな世界に溶け込んでいく友子役に森口瑤子がキャスティングされ、怪しく美しい世界を熱演している。船越栄一郎は、友子の恋人役で出演し、ストーリーの鍵を握る。

【ストーリー】
友子(森口瑶子)は、恋人の警察官・猛史(船越栄一郎)と天城山へハイキングに出かけるがお互い見失ってしまう。やがて友子は、ある別荘で千佳子(多岐川裕美)が石沢(浜田東一郎)に襲われているところを助ける。命の恩人にお礼がしたいと言う千佳子の自宅に招待され、一緒に住んでラッピング・デザイナーの仕事を手伝ってほしいと言われる。猛史は思いとどまるよう説得するが華やかな仕事に憧れる友子は聞く耳を持たなかった。千佳子のアドバイスで美しく変身した友子は名前をルミコに改名させられる。そんなある日、石沢が瀕死の重体で発見され、息を引き取る前にルミコの名を呼んだという。ルミコという名前の謎に気付いた猛史は密かに千佳子の近辺を探りだす。一方、友子はホテルオーナーの息子・修平(藤堂新二)にプロポーズされるが千佳子は反対する。そして修平も何者かに殺されてしまうのだった。天城の別荘へ向かった千佳子を追った友子だが、地下には意外な秘密が隠されていた…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1994年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 荒川洋、千原博司、樋口祐三、岡田裕克
  • ディレクター・監督 : 藤井克彦
  • 原作 : 川内康範「終宴」より
  • 脚本 : 江連卓
TBS1 TBS2