日曜劇場「愛と死をみつめて」
close

日曜劇場「愛と死をみつめて」

実際の恋人同士の書簡を綴り昭和38年にベストセラーとなった「愛と死をみつめて」橋田壽賀子が脚本を手掛け、大空真弓、山本学でドラマ化した純愛作品。

詳しく見る

大空真弓、山本学、清水将夫、宝生あや子、戸浦六宏、森塚敏、守田比呂也、田上嘉子 ほか

来月放送
ドラマ・時代劇

みどころ

実際の恋人同士の書簡を綴り昭和38年にベストセラーとなった「愛と死をみつめて」のTVドラマ版を放送する。軟骨肉腫(にくしゅ)という不治の病と闘いながら若くして逝った大島みち子と、手紙のやり取りで彼女を支え続けた恋人・河野実の実話を、橋田壽賀子が脚本を手掛け、大空真弓、山本学でドラマ化した純愛作品。お互いの想いを綴った文通の数は、約3年で計400通を越えた。15%の成功率で、顔の半分を切り取るという大手術をしながらも、愛のために生き続けた大島みち子の生き様は多くの視聴者の涙と感動を誘った。

【ストーリー】
大島みち子(大空真弓)は大学生の春に、右目の視力が低下しているのに気がついた。病名は軟骨肉腫だと宣告され入院することに。その耳鼻科で河野実(山本学)と出会い付き合うようになる。しかし、みち子は自分の病気を気にしてお互いに都合が悪くなったら別れようと打ち明けるが、自分たちの交際に病気は関係ないと実は話す。その後、悪性の腫瘍が顔に広がり顔半分を取る手術を拒むみち子だが、実の愛とのために受けることに。手術も成功し、電話や手紙で実と将来の話をし明るくなっていたみち子だが、突然実から病気の再発を隠していたことを責められる。何も知らなかったみち子は絶望的になった。

続きを読む

番組データ

出演 大空真弓、山本学、清水将夫、宝生あや子、戸浦六宏、森塚敏、守田比呂也、田上嘉子 ほか
制作年 1964年
全話数 2話
制作 TBS
ディレクター・監督 蟻川茂男
原作 大島みち子、河野実
脚本 橋田壽賀子
その他 ※モノクロ作品

放送内容

放送あり

全て

さらに読み込む

放送予定

このページをシェアする

視聴方法

TBSチャンネルは、CS有料放送です。下記のサービスでご視聴いただけます。