松田聖子のスイート・メモリーズ

出演

松田聖子、真田広之、渡辺典子、小坂一也、布施博、越川大助、藤井一男、吉田美江、内藤陳、大楠道代、奥田瑛二 ほか

  • 放送未定

テレビドラマ初主演作「松田聖子−はじめての情事」(1983年)から4年ぶりの出演ドラマは、松田聖子のヒット曲「スイート・メモリーズ」と、市川森一の脚本を重ね合わせた作品。黄金の60年代(ゴールデン・シックスティーズ)と現在を往復しつつ、二つの時代を貫く愛の形を描く。高度成長期が始まり、貧しくても人々は希望に輝いていた時代を生きぬいた母。豊かな時代に生まれながらも、人々が本当の愛を求めている現代に生まれた娘。この親子を結びつける「ACB」という古いジャズ喫茶とこの店に縁のある人物が現れたとき、母と娘の人生は初めて向き合うことになる。現代のヒロイン・薫の恋人役に奥田瑛二、スーパースターで亡き母・佳代の恋人役を真田広之が演じている。
【ストーリー】
インテリア・デザイナーの和田麻人(奥田瑛二)はパトロンの女性実業家・若杉章子(大楠道代)に養われていた。その隣に越してきた水野薫(松田聖子)は、外国人と毎晩パーティーを開くミステリアスな女性。実は外資系証券会社に勤め、生後間もなく両親を亡くし伯父夫婦に育てられたという。麻人は章子から自立するための財テク指導を薫に依頼した。これがきっかけで二人は急速に親しくなるが、章子は面白くなかった。そんなある日、章子の別荘に招待された薫は、彼女から驚くべき話を聞かされる。
時は1960年代。10代の章子は、新宿のジャズ喫茶「ACB(アシベ)」で人気を誇る芸名・森村アキ(渡辺典子)という歌手だった。全盛時の「ACB」には、若者たちを熱狂させたスーパースター・石原キヨシ(真田広之)がいた。アキもそんなキヨシに夢中だ。芸能誌もアキとキヨシの二人を並べて盛んに書き立てていた。だがキヨシはある夜、一人の女性ファンと運命的な出会いをする。

番組基本情報

  • 制作年 : 1987年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 堀川とんこう、市川哲夫
  • ディレクター・監督 : 福田新一
  • 脚本 : 市川森一
  • 主題歌 : SWEET MEMORIES
  • 歌手 : 松田聖子
TBS1 TBS2