向田邦子新春特別企画「女の人差し指」

出演

田中裕子、洞口依子、加藤治子、小林薫、四谷シモン ほか【ナレーション】黒柳徹子

  • 放送未定

向田邦子原作、久世光彦演出のスペシャルドラマ。昭和初期、軍人遺族の長女を通して、市井の人々の生活を描いていく。主演は「おしん」で日本中の涙を誘った田中裕子。久世光彦とは本作で初顔合わせとなったが、この作品以降向田邦子新春スペシャルの主演を務めていく。第12回放送文化基金賞ドラマ本賞受賞作品。

【ストーリー】
昭和15年11月。菊坂家は軍人遺族の一家で、長女・文子(田中裕子)の婚約者・三村(小林薫)も上海駐在中だが、出征前に婚約解消を申し出ている。そんな三村に文子は「未亡人になっていもいい」と返事をした。ある日、公用で帰京するといっていた三村から「帰レナイ」と電報が入った。文子は落胆し、仕方なく母・里子(加藤治子)、妹・あき子(洞口依子)と提灯行列に参加して気を紛らわせた。ところが里子たちとはぐれ、帰宅途中暴漢に襲われた文子は、危ういところを連城(四谷シモン)という男に助けられる。
数日後、文子は連城の住まいを訪れた。彼は以前から足が悪い上、先日の暴漢との格闘で怪我をし寝込んでいた。連城はどうも貧しい物書きのようで、文子は医師を呼び介抱してあげた。それ以来文子は連城に親しみを覚え、彼の元へたびたび通うようになる…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1986年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : カノックス/TBS
  • プロデューサー : 三浦寛二、太田登
  • ディレクター・監督 : 久世光彦
  • 原作 : 向田邦子
  • 脚本 : 寺内小春
TBS1 TBS2