日曜劇場「釣忍」(勝新太郎出演)

出演

勝新太郎、浅丘ルリ子、藤岡琢也、荒木道子、内藤武敏、杉村春子、加藤嘉、浜田寅彦、長浜藤夫、高島敏郎、近松敏夫、浮田左武郎、石島房太郎、松江美琴 ほか

  • 放送未定

『さぶ』『樅(もみ)ノ木は残った』など、懸命に生きる市井の人々の思いを綴った作家・山本周五郎。「釣忍」は、放蕩のため勘当された若旦那と元芸者の女房の愛の物語。勝新太郎は日曜劇場初出演、浅丘ルリ子と初共演。

【ストーリー】
日本橋の呉服店・越前屋の次男に生まれた定次郎(勝新太郎)は、放蕩のあげくに勘当される。その後は、小さな魚屋を営みながら町人長屋で恋女房のおはん(浅丘ルリ子)と仲むつまじく暮らしていた。だが、母・おみち(杉村春子)の気持ちを思いやった異母兄の佐太郎(内藤武敏)が、ある日定次郎を迎えに来た。店に戻ることはおはんと別れることを意味する。定次郎は母・おみちの頼みもあり、身を切られる思いで家に帰る。家には祝宴が用意され、親類達が集まっていた。初めはおとなしく盃を受けていたものの、おはんのことが頭から離れず…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1970年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 山本和夫
  • 原作 : 山本周五郎
  • 脚本 : 隆巴
  • その他 : ※藤岡琢也の「琢」は正式には、「豕」に点が付きます。システムの都合上「琢」となっております。 ※番宣写真はモノクロですが、本編はカラー作品です。
TBS1 TBS2