TBS「世界陸上オレゴン 7月16日(土)開幕」

見どころ

東京五輪メダリスト、世界記録保持者が激突
国境や人種の壁を越え、超人たちが「人類の進化」に挑む世界一決定戦

2年に一度行われる世界最大のスポーツイベント“世界陸上”。
新型コロナウィルスの影響で一年延期の開催となったが、待ちに待った瞬間がまもなく到来。
陸上競技は誰もが経験したことのある“走る・跳ぶ・投げる”を競う。
まさに「人類の進化」を目撃できる世界大会。
そして、五輪やサッカーW杯を超える200以上の国と地域から約2000人が集結する。
多様なバックボーンを持った世界の超人たちが、78億人の頂点を目指す。
18回目の舞台は陸上王国アメリカ。“陸上の聖地”と言われるオレゴン州ユージーンでアメリカ初開催となる。
超人たちはどんな「人類の進化」を見せるのか!? 伝説は再び紡がれる。

スケジュール

※日本時間

7月16日(土) 予選 男子100m
予選 女子1500m
予選 男子走幅跳
予選 男子3000m障害
決勝 混合4×400mリレー
男子20km競歩
7月17日(日) 準決勝・決勝 男子100m
予選 男子110mH
予選 男子400mH
準決勝 女子1500m
決勝 女子10000m
決勝 男子走幅跳
男子マラソン
7月18日(月) 準決勝・決勝 女子100m
準決勝・決勝 男子110mH
準決勝 男子400mH
決勝 男子10000m
決勝 男子砲丸投
決勝 女子棒高跳
女子マラソン
7月19日(火) 決勝 女子1500m
予選 男子200m
決勝 男子3000m障害
決勝 男子走高跳
決勝 女子三段跳
7月20日(水) 決勝 男子400mH
準決勝 男子200m
決勝 男子1500m
決勝 女子走高跳
7月21日(木) 予選 女子5000m
予選 女子やり投
準決勝 女子400mH
準決勝 女子400m
準決勝 男子400m
決勝 女子円盤投
7月22日(金) 決勝 女子200m
決勝 男子200m
予選 男子5000m
予選 男子やり投
7月23日(土) 決勝 女子400mH
決勝 女子400m
決勝 男子400m
予選 男子4×100mリレー
決勝 女子やり投
7月24日(日) 決勝 男子4×100mリレー
決勝 女子4×100mリレー
決勝 女子5000m
決勝 男子三段跳
決勝 男子やり投
1日目 十種競技
男子35km競歩
7月25日(月) 決勝 男子4×400mリレー
決勝 女子4×400mリレー
準決勝・決勝 女子100mH
決勝 男子5000m
2日目 十種競技
決勝 男子棒高跳
決勝 女子走幅跳

このページのトップへ