永田家の故郷・鞆の浦

対潮楼(福禅寺)
平安時代に建立されたと伝わる古刹・福禅寺の本堂に客殿として建てられました。江戸期を通じて朝鮮通信使の迎賓館として使われていて、座敷の窓枠から見る仙酔島、手前の弁天島の光景はまるで画のようで、写真スポットとしても人気です。

Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.