JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

報道の魂
Topページへ
2020年9月6日 放送
photo
「小さな喜びを感じて ~津久井やまゆり園事件・被害者家族の4年~」

「何も恥ずかしくない。障害があったって普通の子じゃないか。」

尾野剛志さん・チキ子さん夫妻は、あの事件の直後から名前と顔を出して取材を受け続けている。

2016年7月に起きた津久井やまゆり園事件。元職員の植松聖死刑囚は入所者19人を殺害し、26人に重軽傷を負わせた。尾野さんの息子の一矢さんも首などを刺され、一時は生死の境をさまよった。

障害者の存在自体を否定するような言動は、絶対に間違っている。法廷で尾野さんは、植松死刑囚に向き合い、言葉をぶつけた。

「私たち家族は、悩みながらも小さい喜びを感じて生きている。」

この夏、一矢さんは施設を出て、アパートでの生活を始めようとしている。信頼できる介護士たちが寄り添う。多くの人に支えられ、一矢さんが幸せに暮らす姿を知って欲しい。そう話す尾野さん一家の4年間を追った。


制作:TBSテレビ
ディレクター:福田浩子

photo photo photo photo
「報道の魂」HPはこちら
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.