JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

報道の魂
2020年10月4日 放送
photo
「生徒が主役 ~福島駅前自主夜間中学の10年~」

月に2度、金曜の夜にJR福島駅前の公共施設の部屋に集まって、教科書を開く多種多様な人たち。福島駅前自主夜間中学には、時間割もない、試験もない、座席も決まっていない。年齢も性別も国籍も不問。必要なのは「学びたい」という思いだけだ。

戦後の混乱、不登校、発達障害、歴史好き、講師のファン…。理由はそれぞれだが、どんな理由でも受け入れる。それがこの「学校」だ。スローガンは「生徒が主役」立ち上げたのは福島市の大谷一代さん。不登校だった弟の死をきっかけに「福島に公立夜間中学をつくる会」を立ち上げて設置を求める運動する傍ら、こうして自主夜間中学も運営してきた。

震災、原発事故、そしてコロナという、苦境と手探りの運営の中でも、ずっと生徒たちにとって必要な場であり続けたこの学びの場で、大谷さんが見つめてきた10年と、生徒たちの思いを通じて「学ぶとは何か」を考える。


制作:テレビユー福島
ディレクター:木田修作

photo photo photo photo
「報道の魂」HPはこちら
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.