EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第435回2005年02月20日
トカイ地方のワイン産地の文化的景観(ハンガリー)
遺産名:
トカイ地方のワイン産地の文化的景観
Tokaj Wine Region Historic Cultural Landscape
所在地:ハンガリー(Hungary)
分 類:C(iii)C(v)
登録年:2002
放送日:2005年02月20日
放送回:第435回
トカイ地方のワイン産地の文化的景観
previous on air
  next on air
onair access slide


貴腐ワインの特徴のひとつは、通常ではありえない長い寿命を保つこと。
現在トカイ地方に残る最も古い、1765年に作られたというトカイの貴腐ワイン。実に250年近く経た今も尚、このビンの中では熟成が進んでおり、その香りと味を 深めている。
photo

ハンガリー北東部。その南西〜北東にかけてのおよそ40kmに及ぶ地域の、南向きの日当たりと土壌の良い斜面は全て、ワインの為のブドウ畑になっている。
17世紀、トカイ地方で貴腐ワインの製造が始まって以来、この地域の農民は、その伝統の味と技術を守り続けてきた。
photo

この地方で栽培される“白ブドウ”には、一般的な収穫期を過ぎると自然現象で“貴腐菌”がびっしりと付着する。この干しブドウのような実が“貴腐ブドウ”。
そして日雇いの農民たちによって、“ひと房ごと”ではなく、“ひと粒ごと”に収穫が行われる。
photo

第2次大戦後、社会主義が崩壊し、農民たちは徐々にではあったが、自分たちの畑を国から買い戻していった。
しかし、満足な買い戻しができず、別の職業に就く農民も多かった。そんな彼らの中には、今もワイン作りを忘れられない者が多いという。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.