EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第117回1998年08月23日
フレーザー島(オーストラリア)
遺産名:
フレーザー島
Fraser Island
所在地:オーストラリア(Australia)
分 類:N(ii)N(iii)
登録年:1992
放送日:1998年08月23日
放送回:第117回
フレーザー島
previous on air
  next on air
onair access slide


砂漠を思わせるような広大な砂丘が並ぶフレーザー島の東海岸。地質学的には、島というより巨大な砂の堆積と言ったほうが正しい。数十万年という長い時間をかけ堆積した砂は、深いところで海面下60mにも達するといわれている。
photo

砂に埋もれ枯れてしまった木が、砂丘の移動によって再び姿を現した。ここでは、今も25以上の砂丘が移動を続けている。南東から吹きつける風により砂は徐々に今の内陸に向かい宙を舞う。移動する砂丘は、やがて内陸の森林にせき止められ安定し、そこに植物が生え消滅する。
photo

不毛であるはずの砂地に亜熱帯雨林が生い茂る。世界でも珍しいこの植物態系が世界遺産に登録された最大の理由である。多様な植物相は、砂の堆積の仕方や気候条件が複雑に絡み合い、植物と地面の間の栄養循環が行われ徐々に形成されていったと考えられる。
photo

有機分や粘土質が混ざり合って固まった砂丘のくぼみに、雨水が溜まってできた湖。湖水は砂で浄化され限りなく透明である。世界でもほとんど例がない。湖底の砂は、ごくゆっくりとしか水を透さない程固まり、水はほとんど枯れることがない。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.