EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第97回1998年03月29日
グレート・スモーキー山脈国立公園(アメリカ合衆国)
遺産名:
グレート・スモーキー山脈国立公園
Great Smoky Mountains National Park
所在地:アメリカ合衆国(United States of America)
分 類:N(i)N(ii)N(iii)N(iv)
登録年:1983
放送日:1998年03月29日
放送回:第97回
グレート・スモーキー山脈国立公園
previous on air
  next on air
onair access slide


アメリカ東部アパラチア山脈に連なるグレート・スモーキー山脈。
面積は約2000平方km。西部の広大な国立公園に比べれば小さな公園だが、年間の入場者数は900万人を超える。標高1800mの山々がそびえるグレート・スモーキーは全体が深い森林におおわれ、その樹木の種類は150種類をこえ、ヨーロッパ全体より多いという。
photo

グレートスモーキーという名の通り一年の大半は雲や霧が立ちこめる。
日本と異なり、グレートスモーキーのように樹木が生い茂る山々の少ない
アメリカでは山の雲や霧は非常にめずらしく、そのことが大勢の観光客を
ひきつける魅力となっている。
photo

このスモークの発生にはいくつかの地理的・気象的要因があげられる。
夏も冬も比較的気温が高いこと、沼や川が多いこと、暖かく湿った大西洋の風が吹き込むこと、そしてこの地の広大な森林の代謝などの要因が重なってこの雲と霧のグレートスモーキーを生み出している。
photo

長い間、アパラチア山脈の南部は未開拓地だった。しかしアメリカ独立後、移民の波が押し寄せ、彼らは西へ西へと向った。グレートスモーキーにやって来たのはスコットランドやアイルランドからの白人の開拓者たちの子孫だった。公園内のケーズコープ一帯には、山間の不毛の地で生き残るため、自然と闘ったマウンテンピープルと呼ばれた彼らの住居が残る。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.