月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

あらすじ

女流ミステリー作家・薬師寺叡子(財前直見)。大の酒好きでイケメンに弱く惚れっぽいが男を見る目がなく、229回目の失恋をしたばかり。しかし失恋のたびにベストセラーを生み出している。家政婦の神取(戸田恵子)は、「叡子には男運がない!」とハッキリ断言し、仕事一筋に生きた方が幸せだと言う。だが、担当編集者の楓(内山信二)は、ベストセラーのためにじゃんじゃん失恋して欲しいと発破をかけていた。
ある日、自身の新作出版記念パーティーに出席した叡子はその後一人で飲みに出かける。歩いていると橋の上で三上(飯田基祐)というイケメン男性が佇んでいた。ひょんなことから意気投合した2人は鴨川のほとりで飲み明かすことに。旅館「花街道」の支配人だという三上は「最近信じていた人に裏切られたが証拠がない」と叡子に話し、さらに、大江山の酒呑童子の伝説を知っているかと聞く。首塚を掘り起こそうとすると祟りがあると言われているが、この世に人間より怖いものはないという三上だった…。
その翌日、三上が酒瓶を抱え遺体で発見された。そのニュースを見て衝撃を受けた叡子は、個人的に付き合いのある堂島警部(イッセー尾形)が勤める京都下鴨中央署へ早々に出向く。堂島に昨夜の出来事を話すが、堂島の部下・星岡警部補(桐山漣)は叡子に疑いの目を向ける。生意気な口を聞く星岡と一触即発状態になるが、そこへ楓が現れ叡子のアリバイを証明し事なきを得る。
後日、叡子と神取は事件現場に花を手向けに行き、そこで田中優(金子賢)という陶芸家と出会う。優は三上と知り合いで、さらにイタリアンの人気店シェフである弟・秀太(竹財輝之助)とイケメン兄弟として今話題になっている人だった。優からランチに誘われた叡子は、その足で秀太のレストランに向かった。秀太も話題通りのイケメンでトキメキを隠せない叡子だったが、秀太は優とは違い無愛想で取っ付き難い男だった。
その夜、神取は、「花街道」オーナーである松原憲三(若林豪)が新しいホテル建設を進めているというテレビ番組を見ていた。その番組では、ホテル予定地の近くに大江山の鬼伝説で有名な首塚があることから三上の死は祟りではないかという噂があると伝えていた。数日後、怯える神取を伴って、叡子は「花街道」に宿泊することに。三上の弔いで来たと女将の節子(黒田福美)に伝えた叡子だったが、実は事件を調べることが目的だった。館内を探っていた叡子は、オーナー室で松原と新支配人の谷本(松本実)が言い争っている現場に遭遇する。その後、従業員から三上が亡くなる少し前に松原と怒鳴りあっていたことを聞く。
しかし、そんな松原が酒瓶を抱え遺体で発見され…。

PAGETOP