月曜ゴールデン

毎週月曜よる9時

あらすじ

警視庁内に発足した「広域捜査専任特別調査室」(通称:SRO)は凶悪化・広域化する犯罪を効率的に捜査・解決するために総理大臣の肝いりで新設された組織だ。FBIの捜査方法を取り入れたエリート集団の副室長として配属された芝原麗子(木村佳乃)は他のメンバーに不満を覚える。同僚を殴って異動してきた粗野な尾形(木下隆之)、やる気を見せないが過去に通り魔事件の犯人を威嚇発砲なしに射殺した針谷(徳山秀典)、ネイルのケアにしか興味のない事務員・木戸(安藤玉恵)、見るからに疲れきった経理担当課長・富田(日野陽仁)、そして昆虫マニアで捉えどころのない室長・山根(田辺誠一)。なぜこんなところに自分が配属されたのか。麗子は早速警察庁理事官の胡桃沢(山口馬木也)を呼び出し異動の真意を問う。そこで聞かされたのは山根がFBIでプロファイリングを学び実際に捜査にも参加していたこと、その山根の直談判によりSROが発足したという事実だった。しかし胡桃沢によると警察庁も警視庁もSROの存在を全く望んでいないという。都道府県警ごとに組織化されている日本の警察機構が広域捜査のせいでバラバラになりかねないというのだ。胡桃沢はSROの早期解体を目論んでおり、麗子に盗聴器を仕掛けるよう命じる。
そんななか、山根が早速動き出した。神奈川県境で白骨死体が見つかったという。小田原中央署を訪れた山根は遺体の科警研への引渡しを要請する。その強引な手法に麗子は驚くが、山根はこの白骨死体をシリアルキラー(連続殺人犯)による可能性があると断定。信念に従い可能性を検証するという。そして翌日、さらに麗子を驚かせる事態が。自分の階級では触ることが許されない警察の秘密データベース「マザー」へのアクセス権限を山根から付与されたのだ。
スパイとして胡桃沢への報告をしながらも麗子はマザーで類似死体の検索を始める。すると関東近県の県境で同じ特徴を持つ白骨死体が見つかっていたことが明らかに。懐疑的だった麗子も山根の推論を支持するようになるが、尾形や針谷の理解は得られない。山根も連続殺人犯が存在するという確固たる証拠を見出せず捜査は行き詰る。やがて事務員の木戸(安藤玉恵)が警務課のスパイであることがわかり、SROは内部崩壊の危機を迎えてしまう…。

PAGETOP