月曜ゴールデン 毎週月曜よる9時から

湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿3 2011.4.18OA

あらすじ

 気は強いが人情に厚いベテランガイド・桜庭さやか(萬田久子)と、イケメンなのにヘタレの年下運転手・富田林太郎(葛山信吾)。今回のバスツアーは、3泊4日の信州名湯の旅。出発時間になっても、一人で申し込みをしていた藤木(加治木均)という男が来ない…仕方なく出発したさやかたち。長野県上田市に入った一行は、北国街道・海野宿を回り1泊目の宿・別所温泉に到着した。そこで、さやか達の天敵とも言える添乗員の牧野(渡辺いっけい)は、初恋の人・律子(北原佐和子)と再会する。実は、上田は牧野の故郷で、現在律子は県議会議員・大西栄一(三浦浩一)の妻となっていた。ところが、この栄一にまつわるある事実が発覚した。ツアーに母子で参加している美和子(芳本美代子)と茜(川島鈴遥)は、栄一の元妻と娘で、今回の旅行は娘の茜を父親である栄一に引き取ってもらうために連れて来ていたのだった。
 その夜、警視庁の田之倉(逢坂じゅん)と練馬南署の竹園(宝積有香)が美和子を訪ねて来た。ツアーに申し込んでいた藤木が殺されていたのだ。藤木は美和子の店の客で、美和子と同じマンションに住んでいて、美和子目当てに引越ししたほど彼女に惚れ込んでいたらしいが、美和子自身は嫌っていたと話した。だが、美和子の自宅マンションのドアノブに血が付いていたことから、重要参考人として取調べを受けることになってしまう。田之倉と共に美和子が犯人でないことを願うさやかと富田林は、松本にある大西家を訪ねた。だが、そこには、腹部から血を流し死亡している栄一が…。 目撃証言から美和子が栄一を訪ねていたことが判明、さらに窮地に陥る美和子。そして、栄一の弟・誠次(田中実)の証言で、殺された藤木と栄一に面識があったことが分かった。二人に恨みをもつ人間の犯行なのか!?そんな時、牧野は田之倉から栄一が殺された夜9時頃に、律子からの電話を受けたかと聞かれ…。


ページの先頭へ