日立 世界ふしぎ発見!

毎週土曜日 よる9時〜

バックナンバー

2021年11月13日 よる9時から放送

第1614回

アメリカ 驚異の大自然

ミステリーハンター

マーチャ・ キア(まーちゃ・きあ)

アメリカ出身。日本人の母とタイ人の父を持つ。ロサンゼルス在住。ミステリーハンターは今回が初めて。

19世紀後半、産業革命が急速に進み各地で都市化が起こっていたアメリカで、自然の素晴らしさを称え、保護を訴えた人がいました。後に「自然保護の父」と呼ばれるジョン・ミューアです。彼がこよなく愛したヨセミテ国立公園をレポートし、現在自然保護活動をする人たちを取材したミステリーハンターのマーチャ・キアさんにお話を伺いました。

自然の素晴らしさを伝え
守らなければならないと説いた
自然保護の父ジョン・ミューア

ヨセミテの象徴
巨大な氷河が削ったU字型の渓谷

今回私がレポートをしたヨセミテは、海外からもたくさんの人が訪れますが、アメリカでも多くの人が一度は行ってみたいと思う人気の国立公園です。氷河によって削られたU字型の大渓谷が見所のひとつで、なかでも有名なのが高さ1000メートルもある世界最大の一枚岩エル・キャピタン。そこはクライマーの聖地でもあり、私も取材中にクライマーの方たちにお会いしました。「エル・キャピタンまで行くの?あと10分くらいだよ」と教えてくださったのですが、実際歩いてみると20分以上はかかったかな(笑)。でもエル・キャピタンの下まで行くと、遠くから眺めていた以上に迫力があって感動しました。下から岸壁を見上げると頂上が見えないほどの高さなのです。エル・キャピタンの真下まで来る観光客はあまりいないのですが、来てよかった!と思いました。

そしてヨセミテは、人びとがもっと便利で快適で豊かな暮らしをと突き進んでいた産業革命時代に、自然の保護活動に情熱を注いだジョン・ミューアの活動拠点でもありました。実は私の高校時代からの大親友がミューアを凄く敬愛していて、彼女からミューアのことをよく聞かされていましたし、日常のリサイクルについても厳しく教育されました(笑)。その影響で私もミューアの伝記を読んだことがありましたが、今回の取材でさらに彼の偉大さを実感しました。今もアメリカに数多くの美しい国立公園があるのは、彼のおかげだと思います。その一方で、今世界で起こっている環境問題の本質は、彼が訴えた時と変わっていないとも感じました。もっと快適に、便利に、ラクに、という人間の欲求をセーブするのは本当に難しいですね。

今やらなくてはと立ち上がり
自然を守る活動をするひとたち

動物が大好きだというマーチャさん
「可愛いヤギと触れ合えて楽しかった!」

今はミューアの時代より遥かに速いスピードで自然が破壊され、環境も急速に変化をしています。でも彼の時代より環境問題に関心を持つ人はたくさんいますし、自然を守る活動をする人たちも世界中にいます。近年カリフォルニアで頻発する山火事の被害を少なくするためにユニークな方法を生み出したマクグリュウさんに教えて頂いたお話は、とても興味深かったです。特に印象的だったのは、消防士だったマクグリュウさんと獣医の奥さんの経験と知識を融合させて今の環境ビジネスを生み出したということ。違う分野の人と協力し合っていくというのは、環境問題に取り組むときに大切なアプローチだと思いました。

この可愛いヤギたちは
一体どんな活躍を?

今回の取材では、たくさんの絶景を見ることができて感動の連続でした。また、お会いした方たちにはさまざまなことを教えて頂き、本当に貴重な体験をしたと思っています。でも同時に、プラスチックけっこう使ってるな、リサイクルも完璧じゃないなと反省することも多くて…。今ちゃんと向き合わないといけないことだと分かっているのに、忙しいとつい環境に良いことよりラクな方を選んでしまう自分もクローズアップされました。でも、こういう反省も大切かなと思います。美しい自然に心打たれ、自分を見つめ直し、決意を新たにする。アメリカでは、忙しさとストレスで自分を見失いかけた時、ヨセミテのような大自然のあるところへ行き自分を取り戻す人が多いんですよ。ミューアは、自然保護の大切さを訴えると共に、いかに自然が美しく魅力的なものか素晴らしい文章で綴り伝えました。それは多くの人の心を動かす要因だったと思います。番組をご覧のみなさんにも、まずは美しい絶景を楽しんで頂きたいですね。そしてそれが自然保護を考えるきっかけになればと願っています!

こぼれ話

マーチャ・キアさんのミステリーハンター初挑戦についてのこぼれ話をお楽しみください。

ミステリーハンターに挑戦!
嬉しかったことと大変だったこととは?

得意のダンスと歌で
番組を盛り上げてくれたマーチャさん

今回ミステリーハンターを務めることになって、一番喜んでくれたのは母方のおばあちゃんでした。祖母は、「世界ふしぎ発見!」を毎週見ていて、私が番組を見たのも祖母の家に遊びに行った時だったと思います。そして祖母から、「世界ふしぎ発見!」は日本で愛され続けている長寿番組なんだよと教えてもらいました。そのような番組に出演させて頂きとても光栄です。
取材は毎日が貴重な体験でした。さまざまな方にお話を聞き、学べたことを一番嬉しく思います。でもレポートには苦戦してしまいました…。感情を言葉で表すのが難しかったですね。最後はコーディネーターさんに、「英語でもいいから!」とまで言われちゃって(笑)。ですからレポーターとしては、ちょっと自信がないのですが、特技のダンスと歌で私の興奮と感動がお伝えできていれば嬉しいです!

オフショット

このページのトップへ