日立 世界ふしぎ発見!

毎週土曜日 よる9時〜

バックナンバー

2021年6月26日 よる9時から放送

第1600回

アンナ・リーの台湾グルメ遺産

ミステリーハンター

アンナ・ リー(あんな・りー)

台湾・台北市出身。大学時代に母校の姉妹校である宇都宮大学で、交換留学生として一年間学ぶ。恩師の言葉をきっかけに日本で芸能活動を開始。現在は歌やダンス、テレビ番組の司会もする台湾在住のマルチタレント。日台共同制作ドラマ「路〜台湾エクスプレス〜」にも出演。ミステリーハンターは今回で2回目。

ミステリーハンター

中山 卓也(なかやま たくや)

1988年12月13日生まれ、福井県出身。俳優として映画、ドラマ、舞台で活躍。趣味は登山、トレイルラン、野球観戦。世界遺産検定1級を持ち、空き時間を見つけては世界遺産巡りへ。ミステリーハンターは今回で12回目。

次回「世界ふしぎ発見!」は、台湾グルメ遺産大特集!台湾のさまざまな美味と最新情報をお届けします。現地台湾をレポートしたのは、ミステリーハンターのアンナ・リーさん。台湾の食について教えて頂きました。

美味しいものがいっぱ〜いの台湾
食は何より大切なもの

日本では、「おはよう」とか「お久しぶり」などいろいろな挨拶がありますが、台湾ではほとんどの場合「ご飯食べた?」と言うのが挨拶になっています。それくらい食べることを大切に思っている国民性だと思いますね。また家族や友達、仲間と食事を共にすることは、お互いを知り絆を深めるために最も大切です。そしてシンプルに美味しいものが大好き!日本の方たちと同じ、食いしん坊ですね(笑)。

コロナ禍における
最新グルメもレポート

台湾料理は大きく分けると、南部と北部にそれぞれの特徴があります。南部は醤油や砂糖が多めで、北部の方は味付けがシンプル。ですから北部の人からすると南部の料理は甘過ぎと言い、南部の人は北部の料理は味がしないと言って、時にはバトルが起こることもあります(笑)。また地方によってさまざまな名物料理があるのも魅力ですね。今はどこでも何でも食べられるようになってきましたが、あそこへ行ったら絶対にあれが食べたい!というものがありますし、必ず誰もが知る人気店あります。どこへ行っても外食できるところがたくさんあるので、海外からの旅行者の方にも喜んで頂けるんです!

台湾最南端の屏東で
日本と関わるグルメをレポート

そして今回私は、日本のみなさんも大好きなものの産地をレポートしました。私も大好物です!美味しいものを届けるために誇りを持って、大変な作業も厭わない生産者さんたちの姿に感動しましたし、現地で頂いた新鮮な美味しさも最高でした。そして何より、その美味しいものが日本と深い関わりがあることをお伝えしたいです!今回日本からワクチンを贈って頂いて台湾では日本のみなさんにとても感謝していますが、美味しさでも日本と台湾はしっかりと繋がっているんですよ〜!(アンナ・リーさん)

中山卓也さんはコロナ禍でさらに深まった
日本と台湾の交流
そして台湾料理の神髄をレポート

2017年から定期的に開催されている
東京タワー台湾祭

東京タワーの台湾祭では、昨年台湾を取材した時のことが思い出されました。夜市の屋台で食べたものすべてが美味しくて、あれもこれもと頬張ってたなと(笑)。とても台湾の雰囲気が出ていて、楽しかったです。台湾のロケでは、美味しいものをたくさん頂きましたが、なかでも僕のお気に入りは、パイナップルケーキですね。ディレクターさんに、ここのホテルのパイナップルケーキは有名だよと教えて頂いて、お土産に買って帰ったのですが、まさに絶品!固めの生地の中に入ったパイナップルの餡の甘さも触感も絶妙で、台湾でまた食べたいものリストの筆頭になってます(笑)。今回はそのパイナップルにまつわる台湾と日本と交流を取材させて頂くことになり、嬉しかったですね。

東日本大震災以来続く
岩手県花巻市と台湾の絆

今回取材をした岩手県の花巻市は、20年近く台湾との交流があるそうです。そして東日本大震災の際には、さまざまな支援をして頂いて、花巻のみなさんは台湾の方たちにいつか恩返しをしたいとずっと思っていたそうです。そして今、台湾のパイナップル農家の方たちが困っていると耳にした花巻の方たちは驚きの行動に出ます。詳しくは番組でお楽しみ頂きたいと思いますが、決断した花巻の方たちも凄いと思いましたし、またそれだけのことをしたいと思うほど台湾の方たちが温かい交流をしてくださっていたのだと感動しました。

花巻温泉街を訪れるお客さんからも
甘く柔らかい台湾パイナップルは大好評

そして横浜中華街のカンフーキッチンでは、台湾料理の神髄を教えて頂きました。店主のチェンさんは、本格的な薬膳料理を提供すると同時に、カンフーも教えています。武術と薬膳料理、どちらも大切と語るチェンさんの年齢を伺ってびっくり!65歳だそうですが、とても若々しくエネルギッシュ。取材前は、薬膳料理とカンフーが結びつかなかったのですが、チェンさんのお話を伺って納得できました。武術もカンフーもバランスが一番重要という言葉が印象的です。その言葉にチェンさんの健やかさも、台湾料理の魅力も集約されていると感じました。(中山卓也さん)

こぼれ話

アンナ・リーさんのこぼれ話、日本で楽しめる台湾グルメ情報をご紹介します。

6月になると勃発!?
台湾‘端午の節句あるある’とは

台湾では、6月に端午の節句があります。その時に食べるのがちまきです。日本のみなさんも食べますよね!このちまき、台湾では南部と北部で少し作り方が違うんです。味はそんなに変わらないのですが、食感がちょっと違います。そこで起こるのが、南北ちまきバトル(笑)。「これぞ、ちまきだ!」「絶対こっちが美味しい!」とお互い譲りません。日本でも大阪と広島でお好み焼きバトルがあると聞きましたが、そんな感じでしょうか(笑)。でもみなさんが食に関心があるから、こういったバトルが起こるんですよね。郷土料理を愛し、誇りを持っている証だと私は思います!

アンナさんも子どもの頃から好きという
大判焼き「切り干し大根の餡、イケますよ!」

本場の味が日本でも!
台湾グルメ情報

●東京タワー台湾祭
台湾の夜市を彷彿とさせるような屋台が目白押し!さまざまな台湾グルメを満喫できます。
開催期間:7月11日まで
まん延防止等重点措置中の開催時間
平日 11:00〜20:00、土日祝 10:00〜20:00
※最終入場・ラストオーダー共に19:00。酒類提供は2名までのグループで19時まで、滞在時間は90分以内

●カンフーキッチン「工夫厨房」
本格台湾薬膳料理を味わうだけでなく、詠春拳の体験レッスンも受けられます。
住所:神奈川県横浜市中区山下町187-2 港ビル 3F
営業日:水〜日曜日 11:00〜18:00
定休日:月・火曜日

●花巻温泉
夕食と朝食のバイキングで台湾パイナップルを提供。また併設の「温泉ベーカリー」では「完熟 台湾パイナップルパイ」、「完熟 台湾パイナップルマフィン」を販売中。敷地内の「カフェ・ド・蔵」ではパイナップルかき氷も!花巻温泉の台湾パイナップルフェアは7月いっぱいまで開催を予定しています。
住所:岩手県花巻市湯本1-125

※2021年6月現在
新型コロナウイルスによる営業状況等、最新情報は事前にご確認ください

台湾パイナップルがたっぷりのパイとマフィン

オフショット

このページのトップへ