日立 世界ふしぎ発見!

毎週土曜日 よる9時〜

バックナンバー

2021年6月19日 よる9時から放送

第1599回

歴史を変えた名城スペシャル!

ミステリーハンター

ハリー 杉山(はりー すぎやま)

1985年1月20日生まれ、東京都出身。父はイギリス人、母は日本人。タレントとしてテレビ、ラジオ等で活躍中。英語、中国語、フランス語含め四ヶ国語が堪能。ランニング、サッカー、ラグビー、野球をこよなく愛し、年間200本以上の映画を見る映画好き。
ミステリーハンターは今回で5回目。

今回はミステリーハンターのハリー杉山さんが、日本各地の名城を訪れ、最新発掘から見えてきた知られざる歴史の謎についてレポートします!

お城を巡るレポート第2弾!
今回は今大注目のお城へ?

第2弾も新しい発見がいっぱいありました!特に江戸城は、徳川家康が築城した当時の記録がほとんど残っていなくて、幻の江戸城と呼ばれていたのですが、その手掛かりとなるものが今年見つかったんです。今回も城郭考古学者の千田嘉博先生と一緒に、家康が築城した江戸城の謎に迫ります!

今回も千田嘉博先生とレポート
家康が作り上げた江戸城とはどんな城だったのか?

お城の石垣や石についても見方がすごく変わりましたね。東京の意外な場所に江戸時代の石垣を発見しました!江戸城がどんなふうに作られていったのか、さらに江戸城を守る仕掛けなど、面白い発見が隠されているんです。

見えてくるのは美しく
そして究極の軍事要塞?

戦国時代、難攻不落の城と恐れられた
北条氏の小田原城、山中城を取材!

お城について取材していく中で、お城とは何なのかと自問自答する時間も増えました。もしも「お城って何?」と聞かれたら、色んな答えがあると思いますが、僕の中で一番に出てくる言葉は命。命を守るものでありながら、立場によっては命の脅威になるものではないかと。

山中城は、天下統一を目指す豊臣秀吉が小田原を攻めてきた時に、その進軍を食い止める要所だったお城です。山中城にはふしぎな堀があるのですが、今回実際に中に入って、その強さを実感しました!

お城からは当時の人々の魂も感じられますし、希望の象徴であり復興のシンボルにもなっていて、常に命と携わっているのが城だと思います。

見どころは?

今回、千田先生と一緒に名古屋城の堀の中に入れたのは想定外でした。発掘の場に足を踏み入れるのは興奮できるポイントですね。そこでは徳川家康が、未来や平和のことを考えていて、後に何百年も続く徳川の時代が見えていたかのような歴史にふれられたんです。ビックリさせられることがありすぎましたね。お城は本当に面白い!

21世紀でもお城について知られていないことはたくさんあると思うし、瓦や石垣など、今でもすぐ身近に歴史が存在するわけですよね。古墳を取材した時もそうでしたが、歴史を知れば知るほど、町を歩いていても世の中の見方がどんどん変わっていって…、人生は豊かに楽しくなっていくんだなと思います!

こぼれ話

今回、取材で訪れたお城について

□江戸城
徳川家康が築城。その後何度か建て直され、家康の建てた江戸城の記録はほとんど残っていなかったが、今年、家康時代の石垣が発見される。当時日本で最大、さらに最先端だった城の様子が注目されている。
住所 東京都千代田区皇居外苑1-1

□名古屋城
徳川家康が江戸城築城の後に、江戸城を守る目的で東海道沿いの重要な場所に建てた城。金の鯱や最大級の床面積を持つ天守が作られた。現在の天守は昭和34年に再建されたもの。
住所 愛知県名古屋市中区本丸1-1

□小田原城
100年近く小田原を治めた戦国武将・北条氏の城。関東支配の中心拠点であり、天下統一を目指す豊臣秀吉の攻撃に備え、小田原の周囲に作られた土塁や掘は長さ9kmに及んだ。天守は昭和に復興され江戸時代の美しい姿に。
住所 神奈川県小田原市城内6番1号

□山中城
小田原への進軍を食い止める要所とされた城。そこに作られた障子掘は、中へ入ると高さ2m以上ある急斜面に囲まれ、最強の防御システムとされる。
住所 静岡県三島市山中新田410-4

□石垣山城
小田原攻めを行った豊臣秀吉が、北条側に圧倒的な力の差を見せつけるため、小田原城からわずか3kmの場所に、4万人を動員し、わずか80日で完成させた巨大な石垣の城。
住所 神奈川県小田原市早川1383-12

□広島城
西国一の大名・毛利氏が築城。お城を中心に繁栄を極めてきた。また明治になると戦争を指揮する最高機関・大本営が広島城に置かれ、一時期、明治天皇が広島に移った歴史もある。第2次世界大戦の原爆投下で広島城も破壊されるが、町の復興と共に市民の願いで再建される。
住所 広島県広島市中区基町21-1

※情報は2021年6月現在
新型コロナウイルスによる営業状況等、最新の情報は事前にご確認ください

オフショット

このページのトップへ