日立 世界ふしぎ発見!

毎週土曜日 よる9時〜

バックナンバー

2020年10月31日 よる9時から放送

第1573回

ナイル殺人事件
現場は古代エジプト!!!

ミステリーハンター

竹内 海南江(たけうち かなえ)

「世界ふしぎ発見!」で訪れた国は100ヶ国を突破!!105ヶ国に!!!CM、文筆業またトラベルリュックや帽子のプロデュースなどでも活躍中。著書にエッセイ『おしりのしっぽ』『お姫様と山男』(集英社be文庫)、『あっというまに』(KKベストセラーズ)、短編小説集『アフリカの女』(幻冬舎文庫)、中編小説『うたかたの月』(幻冬舎)、散文写真集「グリオの唄」(ブルースインターアクションズ)。
オフィシャルウェブサイトは「Kanana Kingdom」
ミステリーハンターは今回で291回目(スペシャルの回は含まず)。

エジプト観光で人気のナイルクルーズ。そのクルーズ船を舞台にした映画「ナイル殺人事件」が、原作者アガサ・クリスティ生誕130年を記念し再び映画化。そこで「世界ふしぎ発見!」では、ミステリーハンター・竹内海南江さんと「特別」なナイルクルーズへ出発します!一体、どんな発見が?

今回のテーマはナイルクルーズ?

ナイルクルーズというと、豪華なクルーズ船でナイル川を移動しながら、ピラミッドなど古代エジプトの重要な場所、主だった遺跡を周る旅ですよね。その船が舞台の映画「ナイル殺人事件」では、旅の途中で事件が…(笑)!ただ映画の原作「ナイルに死す」をアガサ・クリスティが書いた時代からは、相当時間が経っています。当時と今では遺跡の様子が違うかもしれません。

考古学者・河江肖剰(ゆきのり)さんと

そうなると同じ場所でも、当時は遺跡がどんな解釈をされていたのかなど、考古学的な情報が全く違ってくることも。例えばピラミッドについて大きなところでは、アガサ・クリスティが小説を書いた時は観光で登ることができましたが、今は登れません。また頂上でお茶を楽しむ目的もあって、それが当時のピラミッドの在り方のひとつでした。一方、今は登れないけれど、ピラミッドの調査が進んでいって、内部にある謎の空間など発見が続いています。

2015年に、番組では特別許可を得て考古学者・河江さんと
ピラミッドに登りながら重要な調査を実施!

「ナイル殺人事件」で登場人物たちが訪れているのは、エジプト観光の目玉と言える場所です。だから今回は当時の遺跡の状況と、最新の遺跡の情報を入れて、それ考古学者の河江さんに詳しく教えて頂きながら旅をしていきます!以前河江さんと私で行った現地調査のVTRで新情報のおさらいができますし、さらに更新された最新情報もかなり盛り込まれています。家にいながら、「世界ふしぎ発見!」ならではのナイルクルーズをたっぷりお楽しみいただけると思います!

ギザの三大ピラミッド全てにあるという
謎の空間…。その様子と最新の発見を紹介!

楽しみ方も色々?

まず今回の番組を見てから映画「ナイル殺人事件」を、または番組を録画して映画の後に見ても、ものすごく深みが増すと思います。どうしてその場所が殺人現場になったのか?など、さらに物語を面白く見られるかも。アガサ・クリスティの夫は考古学者だったので、ナイルクルーズに行った体験をもとに小説「ナイルに死す」は書かれています。だから当時の最新情報がトリックに使われたかもしれませんし、それを現代の若手考古学者の河江さんが解説する、そんな感じもワクワクしますね!

実は、竹内さんと考古学者の河江さんは
今回、意外な場所へ…?

エジプトへ本当に行きたいけれど、それができない代わりに河江さんと私が行った場所は、栃木県日光市の「東武ワールドスクエア」です。数々の世界遺産を含む、世界の有名な建築物のミニチュアが展示されていました。古代エジプトの遺跡が再現されたところで撮影をしたのですが、どれもものすごくよく出来ていますね。

映画「ナイル殺人事件」では壮大なアブシンベル神殿が出てきます。入口にはエジプトの王、ファラオの中のファラオといわれる、ラメセス2世の巨大な像が築かれた遺跡です。映画はこの神殿の実寸大のセットを作って撮影されていますし、今回の「世界ふしぎ発見!」もセット(笑)。そしてエジプトでは本物の遺跡を取材してくれるミステリーハンターさんも登場します。今回はそんなトリッキーな一面もあって、楽しい感じでご覧いただけると思います!

アブシンベル神殿

神殿の一番奥で1年に2回起こる朝日の
奇跡を取材!200年の謎が明らかに!

こぼれ話

この時期にピッタリの旅も発見?

「東武ワールドスクエア」にあるミニチュアのピラミッドは、その乾いた感じや質感など細部までとてもよく作られていて、遺跡の下にはラクダを引くおじさんの姿も!実際にエジプトで本物を調査して制作されたそうです。また、まだフェンスなどで区切られていなくて、今より自由な少し懐かしいピラミッドの様子が見られたのも意外な面白さでした。

こちらは本物。本物を見たことがあっても
なくても、その様子がよく分かる機会に

ほかにも世界中の世界遺産などの建造物が精巧に再現されているので、日本から出られない今はミニチュアで世界を周ってみては?大人も楽しいですし、盛り上がると思います!またオープンエアで、近くには鬼怒川温泉もあって…、紅葉の季節にもいいですね。

それと私は施設内にある和食のお店で、ゆばとおうどんが食べられるお弁当をいただきました!コシのあるおうどんも、紅塩で食べる天ぷらもサクサクで美味しいです(笑)。色々、充実した旅になりそうですよ!

オフショット

このページのトップへ