日立 世界ふしぎ発見!

毎週土曜日 よる9時〜

バックナンバー

2021年9月25日 よる9時から放送

第1609回

伝統×最新 京都&平等院・鳳凰堂

出演者

草野仁、黒柳徹子、野々村真、出水麻衣(TBSアナウンサー)
檀れい、塙宣之(ナイツ)、岡田圭右(ますだおかだ)

伝統と最新は、平等院、そして京都の代名詞?
ミステリーハンターの野々すみ花と
山本・リシャール登眞がその謎に迫る!

ミステリーハンター

野々 すみ花(のの すみか)

1987年2月27日生まれ。京都府出身。元宝塚歌劇団トップ娘役。退団後は女優としても数々の舞台・テレビドラマ・ラジオドラマ・映画などに出演。一児の母。現在は女優業を続けながらも、以前から関心のあった、有機無農薬栽培の野菜や果物を使った商品の企画販売を開始し、オンラインサロンの運営など、あらたな活動にも取り組んでいる。野々すみ花オフィシャルブログは「ののがたり」。ミステリーハンターは今回で14回目(スペシャルの回は含まず)。

ミステリーハンター

山本 ・ リシャール登眞(やまもと・りしゃーるとうま)

世界遺産検定の最上級「マイスター」を史上最年少の11歳で取得。現在15歳の高校生。京都府在住。ミステリーハンターは今回が3回目。

今回のミステリーハンターは、野々すみ花さんと山本・リシャール登眞君です。京都にゆかりのある2人が向かったのは、千年前の最新が込められたという平等院と京都の町。一体、どんな発見が?

今回は2人で京都へ!
まずはちょっと変わった街歩きへ?

山本・リシャール登眞君と京都の町で巡ったのは、洋風でレトロな建物から、京都のカフェ文化を担ってきたお店まで色々です。京都は日本の歴史がそのまま生活に入っている部分がありますが、中には新しいものが混ざり合った一面も!すると紡がれてきた歴史もさらに強調されて、うまい具合に絡みあっている気がしました。そこからは、“ザ・京都観光”とは違う側面が見えてくると思います!

実はこの場所の前をよく通っていた野々さん
初訪問では「こんな…!」と驚きの連続に

そのお店の雰囲気はパリの学生街?
登眞君はフランスパンを京都に広めたお店へ

番組初取材の平等院へ! 極楽浄土を
演出したのはおよそ千年前の最新技術?

平等院は宇治にあって自分の故郷にすごく近いのですが、実は行ったことはなかったんです!ただ印象としては本当に左右対称で、ほかの神社仏閣とは少し違う感じがしていました。

千年程前、災害の頻発や疫病など不安の時代に
極楽浄土への思いから建立された平等院

取材では鳳凰や阿弥陀如来座像、さらに方角などから、平等院について探っていきましたが、「平等院ミュージアム鳳翔館」で復元された鳳凰堂内部の絵にも驚きました。とにかく派手!規模感にも圧倒されますね。ただそれくらい華やかな空間なのに、よく見ると描かれているのは当時の日常!?そこに死の瞬間も、極楽への救いも描かれているんです。今私たちが感じているより、死がもっと身近にあったことがすごく伝わってきました。

平等院ミュージアム鳳翔館で

平等院の阿弥陀如来座像を囲む
菩薩たちが奏でる天上の音楽をレポート?

世界最古のオーケストラともいわれる雅楽です。雅楽会の方々にその演奏と舞を披露して頂いた時は、なるほどと思ったのですが、いざその舞に挑戦したら本当にきつくて!身体をものすごく使っているのが分かるんです。今のダンスは音楽に軽く乗っていくリズムがあるけれど、千年前の最先端ダンスミュージックでもある雅楽の舞は、大きなお衣装なので少しの動きだけでは何も伝わらないんです。身体の芯から、演奏に合わせて動かすことで、やっと何かが伝わって…。これはすごく面白い体験でした。

さらに新型コロナウイルスの終息を願い
平等院に奉納された芸術作品と関わる場所へ?

平安時代からの伝統的な藍染めをされている、中西さんの工房です。若い方も3、4人いらしたのですが、仕事に対する邪念をまるで感じないというか、工房そのものの空気が澄んでいるのを感じました。お話を聞いてみると、本当に藍染めをやりたくて工房に入った方ばかりなんです。

藍染めの工程も
面白い発見があったという野々さん

そういう方々に中西さんは指導されているのですが、「あ、こうして歴史が繋がっていくんだな」というのを肌で感じました。藍染めの作業はかなり重労働ですが、びっくりするくらいみんな楽しそうだったんです。藍にはやっぱり人を魅了するものがあって、それを感じられた人が、その魅力を教えとして繋げられる人から継いでいくのが、歴史が続くということなのかなと。

山本・リシャール登眞君と
2人でレポートされた感想は?

「世界ふしぎ発見!」に登眞君が現れた時に、「すごい人が出てきた!」と思ったんです。レポート姿は初々しくて、歴史を学び吸収していくのが本当に好きなんだなと、見ていて清々しい気持ちになりました。それがなんと今回は一緒に!テレビ越しの登眞君は、博識で好奇心に溢れる印象でしたが、直にお会いすると年齢相応なところもあって安心しました(笑)。でもやっぱり取材中は、世界遺産マイスターとしての責任感が度々伝わってきて頼もしかったです。

このページのトップへ