DigiCon6 ASIA

DigiCon6 ASIA

2021 JAPAN Youth部門審査員

大童 澄瞳

大童 澄瞳 漫画家 『映像研には手を出すな!』(小学館「月刊!スピリッツ」連載中) デビュー作「映像研には手を出すな!」が、「ブロスコミックアワード 2017」で大賞を受賞したほか、多くの年間ランキングで上位につけるなど高い評価を得ている。
現在も「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載中で、単行本は5巻まで発売され累計100万部(2021年6月現在。最新6集が10月に発売予定)のベストセラーとなっている。
さらに映画「夜は短し歩けよ乙女」や「夜明け告げるルーのうた」で知られる湯浅政明監督によってアニメ化、乃木坂 46 の齋藤飛鳥・山下美月・梅澤美波らを迎えてドラマ化されており、ドラマと同じキャストでの映画版も公開された。
Message
たまに、ものを考えない大人から半ば強制的に「表現をしろ」とか「コンテストに出す作品を作れ」と言われる場合があります。そういうのはあまり気分が乗らないものですから、適当に済ませて自由な自分の時間を謳歌してください。その方がちゃんとした生き方です。あるいは、その自由な時間を映像にしてみると楽しいかもね。

三宅 敦子

三宅 敦子 ストップモーションアニメーター、花開くコリア・アニメーション運営 2007年渡韓、韓国インディペンデント・アニメーション協会(KIAFA)、インディ・アニフェスト映画祭事務局、ストップモーションスタジオに勤務後、2009年帰国。2008年よりインディ・アニフェスト日本巡回上映「花開くコリア・アニメーション」を運営。長編映画『JUNK HEAD』やNHKプチプチアニメ『ニャッキ!』等、数々のコマ撮りアニメーション作品にアニメーターとして関わっている。韓国語字幕や冊子翻訳:訳書「Seoul & Animator」「Archiving today」 Message
コロナ禍で、いろいろと制限が多い世の中だけれど、作品を生み出す力に制限はないはず…。そして作品ができたら、どんどん外に出さないと!可愛い子には旅をさせてあげてください。いろんな出会いが待っているから。その出会いはあなたの未来をも変えるかもしれない。

若見 ありさ

若見 ありさ アニメーション作家/東京造形大学デザイン学科アニメーション専攻 准教授 赤ちゃんと出産祝いのコマ撮りアニメーション『Blessing』(2011)や実話によるドキュメンタリー・アニメーション『Birth-つむぐいのち』(2015)、『Birth-おどるいのち』(2017)、『Birth-めぐるいのち』の総合監督兼プロデューサー。
Los Angeles Documentary FilmFestivalベスト監督賞ほか映画祭などで高く評価されている。
Message
あなたが見えている景色をひとつの形にして多くの人へ届けることで
あなただけの景色はみんなの景色になり、より深く鮮やかに動き出します。
あなたしか描けない作品をお待ちしています。

森谷 善隆 

森谷 善隆  ディスカバ!・ライフイズテック株式会社 高校生向けキャリア支援プロジェクトディスカバ!の映像・イベント企画や中学生・高校生向けプログラミング教育を手がけるLife is Tech ! の映像制作・イベント演出を担当。経産省STEAMライブラリ事業の映像制作を行うなど、教育を切り口に幅広い映像制作を行っている。 Message
動画って見るのも楽しいけど、撮るのも編集するのも楽しいんです。みなさんからの素敵な動画の提出、ワクワクしながら待っています!

崎村 宙央

崎村 宙央 2020 DigiCon6 JAPAN Youth Gold受賞者 アニメーションをつくる19歳の大学生です。高校1年時に手探りでアニメーションの制作を始め、高校2年時に独学で制作した「蝉の声、風のてざわり」が2020 DigiCon6 Japan Youthを受賞するなど、高い評価を得ました。
現在は、九州大学 芸術工学部 メディアデザインコースに在籍し、大学生として、アニメーションに限らず、多様な表現を学んでいます。
Message
何かをつくっている最中は苦しいことも多く、「もう二度とやりたくない」と思うかもしれません。ですが、作品が完成し、それがどこかに届くと、その苦しみが清算されてしまうほど救われることがあります。思いを形にして、思い切ってどこかに放りなげましょう。キャッチしてくれる人がどこかに必ずいます。

中澤 健

中澤 健 (株)BS-TBS 取締役 TBSに入社してからドラマ、ドキュメンタリー、音楽番組などで照明〜撮影〜テクニカルディレクターを歴任。現在は(株)BS-TBS 取締役。高校1年生の時に初めて映画製作に挑み、脚本・撮影・編集・選曲を担当したのをきっかけに、この道を進んできている。 Message
人間は「ものがたり」をつくることが大好きです。学校、友達、兄弟、恋愛などなど、身
近にあることは、人間がつくった「ものがたり」だらけです。だから「ものがたり」をみ
たりきいたりすることが人間は大好きです。「ものがたり」を、空気のように自然にすい
こみ、空気のように素直にはきだしてほしいと思っています。

開催概要に戻る

お問い合わせ

DigiCon6 ASIA 事務局 〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6
電話: 03-3505-0661 / FAX: 03-3588-6378 受付時間: 10:00〜18:00(土・日・祝祭日を除く) e-mail: info2021@digicon6.com

1995-2021, Tokyo Broadcasting System Holdings, INC. All Rights Reserved.

Back to PageTop