コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

Special

「ひだまりスケッチ」第08話でテレビから流れていた自転車少年シンヤ君音声

【自転車少年の旅】 山道を自転車少年が走っている。並んで走っている車からカメラを回していて、車の中にはリポーターもいて、 リポーター「シンヤ君は、まもなく富士市に入ろうとしています。自転車だけで旅すると言っておきながら、 親戚の車に乗って、約80キロを移動していたことが週刊誌にすっぱ抜かれたのは先週の月曜。 視聴者のきつい抗議にもめげず、シンヤ君は走りつづけていましたが、支持率の低下をテレビ局としては黙っていられず、 名古屋まで到着していたにもかかわらず、東京から再スタートすることになりました」 リポーター、呼びかけて、 リポーター「シンヤ君! 今の気持ちを聞かせてくれるかな?」 シンヤ「……」 リポーター「シンヤ君! シンヤ君! シンヤ君!!」 シンヤ「あ、はい?」 リポーター「東京からここまで走ってきた気分はどう?」 シンヤ「あー、やっぱり自分の力だけここまで来たんで、気分いいです」 リポーター「どうして車に乗ったの?」 シンヤ「あー、膝が悪くなって…」 リポーター「はい? 何?」 シンヤ「膝が悪くなってえ!叔父さんたちにすごく心配されてえ!断れなくなったんです!」 リポーター「楽だったんじゃない?」 シンヤ「はい!」 リポーター「ゴールはまだ先だけど、頑張れそう?」 シンヤ「あー、もうやるしかないんで。けど、80キロだけ戻るんじゃダメだったんですか?」 リポーター「文句ありそうだねえ?」 シンヤ「いえ、とんでもない。このギャラで家計がほんと楽になって…」 リポーター「は〜い、それじゃ、これからも頑張ってね!」 カメラに向かって、 リポーター「以上、現在静岡をひた走る自転車少年シンヤ君でした」
BACKTOP|NEXT|
©蒼樹うめ・芳文社/ひだまり荘管理組合TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.