コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

Special

「ひだまりスケッチ」第7話で使われたかもしれないラジオの音声

  パーソナリティの男がフリートークしていて、男A「この間もその人んち行ったんだけど、ドア開けたら、その人、変身ベルトつけてて、いきなり変身ポーズはじめたの。え、俺が来るから用意してたんですか? って聞いたら、いや、いつも練習してる時間だからって。練習してどうすんだよ?」     ×    ×    ×   パーソナリティの男とアシスタントの女が話していて、 女A「うわあー。カビ生えてたでしょ?」 男B「そりゃあもう、うえ〜って感じになってて、だから、そのまま炊飯器のフタ閉じちゃったの」 女A「だめじゃないですか〜」 男B「なんとかしなきゃな〜って思ってたんだけど、いやじゃない。それで、半年ぐらいしてからまた開けたんだよ」 女A「どうなってました?」 男B「……消えてたんだよ。釜の中、きれいに何にもなくなってた」     ×    ×    × パーソナリティの女が話して、 女B「なんでかはわかんないの。とにかく、自転車押しながら走ってたのよ、その人。すっごい速くて、乗ればいいじゃんって感じ」     ×    ×    × 英会話講座がやっていて、 男C「ではみなさんもご一緒に。Why was my water strider put on the taxi? どうして僕のアメンボをタクシーに乗せたのだ?気になりますね」     ×    ×    × 音楽が流れていて、 女C「お聞きいただいた曲は、インテリジェンスライスで『午後5時に食べても一食目だから夕ごはんとは呼びたくない』……でした」     ×    ×    × 女A「もうウソばっかり」 男B「いや、カビって何にでも生えるんだよ。この間なんか枕に生えてさ」     ×    ×    × 男D「えっ? それであだ名が検索サイトになっちゃったの?」     ×    ×    × 女D「ポケットの中にはビスケットがふたつって、あれ割れただけじゃないの?」
BACKTOPNEXT
©蒼樹うめ・芳文社/ひだまり荘管理組合TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.