川嶋龍太郎P『大逆転日記』|日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』

2014年4月27日スタート、毎週日曜よる9時〜放送(放送は終了しました)応援ありがとうございました!
42)2014-05-07 Wed.
こんにちは!
ゴールデンウィークが空けて皆様いかがお過ごしですか?
我々スタッフは休みだろうが、平日だろうが関係なくロケをやったり準備をしたりしています。
しかも休日はロケ場所が借りやすいのでありがたいぐらいです!

そんなところで、今日の日記は昨日紹介したTBSテレビの新入社員より書かせて頂きます。



川嶋龍太郎プロデューサーの「大逆転日記」をご覧の皆様、
こんにちは!

昨日の日記で紹介していただきました、
TBSテレビ 新入社員の秋本 壯樹(あきもと まさき)と申します。

最近、自分の身に起きた逆転劇は、5歳下の妹に「まさき!」と叱咤されたことです。

本日は僭越ながら大逆転日記の貴重な1ページお借りして、私が撮影の最前線で感じたことを書かせていただきます!拙い文章ですが、最後まで読んでいただければ幸いです。


昨日(5月6日)は第4話のクライマックスの撮影でした。

大学の體育會の大先輩でもある福澤さんにご挨拶させていただいたこと、そして初めて入る撮影の現場が重要なシーンということで、大緊張でのスタート!!

そのような中、カメラアシスタント(通称はカメアシ。カメラの方々の撮影のサポートをする。)として、主に動かせていただきました。

右も左も分からない中で、

「 アッキー!ハイアシ持ってきて! 」
「 アキちゃん!チビで! 」
「 砲丸!トラポにチェンジ! 」

(※ 「アッキー」「アキちゃん」「砲丸」とは先輩方がつけてくれた愛称です。本当に優しい先輩方が多い現場です!)

と初めて聞く用語に最初は大混乱でしたが、先輩方に教えていただき、なんとかサポートをすることができました。

「ハイアシ」「チビ」「トラポ」とは、、、カメラを固定する三脚のことで、大きさ・高さが異なる3種類のものが現場では使われていました。

左からハイアシ、チビ、トラポ
その3種類の三脚を使い分け、場面場面で一番「伝わる」カットは何かと考えて、レンズを覗く先輩方の姿を近いところから拝見し、
私自身が「人に何かを伝える」時にはどうするべきなのかと、考えることの大切さを教えていただきました。

TDの淺野さんや橋本さんはじめ、カメラの皆さんありがとうございました!!

ハイアシと私
私ごとにはなりますが、少しでもたくさんの方に感動していただけるような番組制作に携われるように、
まずはこの研修期間、一瞬一瞬を大切に学んでいきたいと思います!

最後まで読んで下さった皆さん、
ありがとうございました。

明日の撮影も全力で取り組み、たくさんのことを吸収していきます!

                 
TBSテレビ 新入社員の秋本 壯樹
» 2014.6
» 2014.5
» 2014.4
» 2014.3

関連リンク

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.