Webスタッフ

第8話はいかがでしたか?

Vol.45 13.12.01

みなさん、第8話はいかがでしたか?
ロイドの支援機・サプリの復活。
そして、身体を取り戻した角城元から語られた真実…。
時空転送用のゲートを閉じている「黎士の想い」とは?
みなさん、第9話を楽しみにしていてくださいね。

さて、第8話でのサプリ復活と角城のシーン。
なんと撮影は、ごご3時から24時過ぎまで9時間以上かけて行われました。台本では約20ページもあり、後半6ページは、ほぼ角城元を演じる平岡祐太さんのセリフ…。(黎士さんがブログで“119カット(実際はそれ以上)”“角城がMVP”と書いていたのは、このシーンのことです。)
まずはリハーサルが行われたのですが、その時点で台本を見ることなくセリフが完璧な平岡さんに「すばらしい!」と波多野監督らスタッフから賞賛の声。会話ではなく、淡々と言葉で説明をしなければならないという、通常よりもセリフを覚えるのが難しそうなところですが…「とっても長くて驚いたんですけど、とにかく読んで声に出して覚えました(笑)」とおっしゃっていた平岡さん。「アンドロイドなので、セリフに抑揚がないほうがいいですもんね」とリハーサル後には音声スタッフに発音の確認をしていました。

さて、そんな撮影はというと…
SRX-ラッキー7Rとして記憶も感情もない状態で復活したサプリ。ロイドの記憶回路を修復する部分では、
木村さん5話のとき、後ろから刺されたのとサプリは同じ動きですか?
波多野監督そうですね。後ろから
翼ちゃんはーい
木村さんサプリにわき腹を刺されたあと、記憶が戻って、最初に麻陽の顔にピントを合わせたいな…と思うんです。だから、最終的にロイドと麻陽が対峙するような動きになればいいなと思うのですが…
波多野監督サプリはセリフを言いながら、ロイドの背後に回って、刺しましょうか
翼ちゃんわかりました
柴咲さん私は、サプリがロイドの身体を刺して、崩れ落ちる動きを正面から見れば…対面しますよね
木村さんそしたら、ロイドは最初に麻陽を見られるしね
波多野監督その動きで、一度見せてください
などと、動きを細やかに相談していたみなさん。

(写真)

感情のないサプリの口調を合間に練習していた翼ちゃん。

ロイドの記憶が徐々に戻り、何事もなかったかのように麻陽を見つめて話しかけるロイドの表情と感情の戻った口調が…なんとも言えない温かさを感じた方もいるのではないでしょうか?
そんな緊張高い撮影したが、スタッフの準備中にサプリのようにロイドのわき腹に針を突き刺す動きをした柴咲さん。
翼ちゃんあ!
木村さんブシューーー!
柴咲さんブシュー!
翼ちゃん麻陽さんまで!?
柴咲さんもう記憶は戻らない…
翼ちゃんえーーー!
と、ロイドごっこ?が始まった3人。
さらに、記憶が戻ったロイドがサプリに記憶を戻す部分も…
木村さん隙あり!」と柴咲さんの耳に指を入れる動き
柴咲さんうっ!」
翼ちゃんえーーーーーー!麻陽さんが……(笑)
木村さん原子還元処理の許可…
翼ちゃんダメダメ!
などと、ロイドごっこ?を続けていた3人。長い長いシーンなので、それを見てスタッフもつい笑ってしまい…和気藹々とした空気が現場を包んでいました。

しかしながら撮影が始まると…ピリっとした緊張感は健在。
ロイドがサプリの記憶を戻す部分では、「感情のプログラムをインストールし、お前が俺に預けた心を返す」というのが台本上のセリフだったのですが、「返すよりも、分けるといいたいのですが…」という木村さんのアイデアで、「感情のプログラムをインストールし、俺が預かった心をお前にも分ける。戻ってこい、サプリ」という言葉になったのでした。“返す”も素敵ですが、“心を分ける”という表現も感情をもったロイドだからこそ言える言葉。ロイドのことが好きなサプリにとっては嬉しい表現かなーとWebスタッフは思うのですが、「よっけーな想いまでくれちゃってさ……ま、ありがと。ムッツリスケベ」というサプリの返答…みなさん、サプリの心をどのように分析しますか?(笑)

そうそう、この部分では「あれ?リハーサルと動き違ったよね?」とテスト後にカメラ須田さんから声をかけられた翼ちゃん。
翼ちゃんあ!!
カメラ須田さん違ったでしょ(笑)
翼ちゃん間違えたぁ〜〜。ごめんなさ〜い
カメラ須田さん頼むよぉ
柴咲さん頼むよぉ
翼ちゃんがんばるっ!任せて(ハート)
柴咲さん任せたっ!」 とパーフェクツポーズ
木村さん(笑)
と、翼ちゃんワールド!?全開(笑)
(もちろん、本番では1発OK!!)
翼ちゃんワールドといえば、前回のレポートで紹介した『王様のブランチ』のトークの中に、「本田翼ちゃんの身体の硬さが気になる」と柴咲さんがおっしゃっていましたが…このシーンの撮影の合間に、木村さん、柴咲さん、翼ちゃんは…
柴咲さんうりゃ!」 と前屈
翼ちゃんうりゃ!」 と勢いをつけて前屈
木村さん勢いつけて、それ?
翼ちゃんそうですぅ〜
などと、柔軟を行っていたのでした。
確かに…翼ちゃん、身体が硬かったです(笑)

続いては…サプリが角城をプリントアウト!!

(写真)

キーボードを打つ速さはどうしますか?と波多野監督に相談していた翼ちゃん。

この部分では、「サプリは角城のことを知っているけど、ロイドはポリスクラウドの人間だと認識しているので、麻陽を護るために銃を出して、麻陽の前に立ちたいんですけど…」と木村さんからアイデアが! 確かに…角城がポリスクラウドを裏切った方ことは視聴者の皆さんは分かっている事実ですが…ロイドにとっては敵が現れたことになりますからね。
そうして登場した角城は…ポリスクラウドについてロイドや麻陽に語りだしましたね。このシーンではロイド同様に、「まばたきはしない方がいいんですよね…」と、まばたきを我慢して演じていた平岡さん。そんな平岡くんに、木村さん「ほんとすごい!!セリフも完璧だし…」などと合間に声をかけていて、「中々、登場できなくて寂しかったんですけど、毎週ドラマを見て楽しみにしていて…」と撮影が待ち遠しかったと平岡さんはおっしゃっていました。

(写真)

角城がプリントアウトされるCG部分を撮影中。

(写真)

角城が降り立つ部分を撮影。「黎士の机は頑丈だから、上に乗っても大丈夫だよ」と木村さんから平岡さんに。

また、角城は黎士の机のあたりから動くことなく話し続けていたのを覚えていますか?
平岡さん歩いたり、動いたりしたら、何だか“熱く語る”感じになっちゃいますよね
波多野監督そうですね…
柴咲さん確かに!
平岡さんアンドロイドだから、あまり動かずに話したほうがいいのかなと
波多野監督2時間ドラマの刑事みたいになちゃうか…
柴咲さん刑事(笑)。あ、でも刑事でしたね
木村さん元、刑事(笑)
波多野監督確かに刑事だ(笑)でも、なんだか…動きづらいですよね…
平岡さんそうですね。ここは動かない方がいいかなと…
などと、話し合って決まったシチュエーションなのです。

シチュエーションが決定すると…
平岡さん僕はロイドではなく、安堂麻陽に話しかける形でいいですか?
波多野監督そうですね。麻陽に
平岡さん僕は全て知っているんですかね?そうですね…ポリスクラウドとして得た情報は知っています
翼ちゃん私は、角城言っていることは全部知っていますか?
波多野監督そうですね。大体は知っています
翼ちゃん分かりました
木村さんロイドもクライアント情報は、NOT FOUNDだったわけだから…「沫嶋黎士の想い」と聞いて、少し驚くのかな?知らなかったわけだし
波多野監督あ、そうですね(笑)。興味深く聞いておいて頂いて…
木村さんもちろん、表情は変えないで角城さんに言葉を聞きます
などと、さらに丁寧に波多野監督に相談していた4人。

(写真)

カメラに映っていないときもまばたきをせずにセリフを言っていた平岡さん。

角城の言葉をロイド・麻陽・サプリがその場で聞き続けていましたが、 “元ポリスクラウドである角城が知っている事柄”が、とても濃い内容だったので動いていないことを感じさせず、それがより緊張感のあるシーンに仕上がっていたと思います。そして、黎士の想いを知った麻陽の涙が、とっても切なかったですよね。ドクロ熊から元の身体に戻った角城は、たくさんの情報をロイドと麻陽に伝えてくれましたが、それはプリスクラウドにいた角城が知る真実なので…視聴者のみなさんには色々な角度から真実を導き出して欲しいな…と思います。

撮影後、「時空を越えたラブストーリーが素敵で、今後が本当に楽しみ!」と平岡さんがおっしゃっていたのですが、100年後からゲートを閉じているのは「黎士の麻陽への想い」なのか??
みなさん、残り2話を見護ってくださいね。
そんな第9話は、12月8日(日)よる9時からの放送です。(11月30日現在、まだまだ9話を撮影中!、慌。)

では、第8話の感想はファンメッセージまでお願いします♪