Webスタッフ

黎士と星

Vol.43 13.11.27

みなさん、どうも。
本日のチームロイドは、早朝からロケを行っています。
第9話の撮影に突入しましたので楽しみにしていてくださいね!
(裏を返せば、おとといの夜中まで今週末放送の第8話を撮影していたので…今、編集間最中です!)

さて、第7話では…星新造が沫嶋黎士と出会った頃を思い出していましたね。撮影では…前夜から色々と黎士の行動に関して、考えてきたという木村さん。リハーサルでは、ライターの音に気づいた黎士が、台に乗ってトイレの個室を覗く動きを「結構、ガバっと覗いちゃった方がいいですよね」「遠慮せずに…」などと坪井監督に相談されていました。

一方、普段の星とは違うルックスに「18歳!かわいい!!」とスタッフたちが口々に声をかけられた桐谷さんは、「もう、恥ずかしいわ!!」とツッコミながらも照れていて、「18歳を演じるとは思わなかったよ〜」とポツリ。みなさん、18歳のい星くん、いかがでしたか?(笑)

リハーサルが終了し…ちょっぴり若い設定の黎士と星の出会いシーンの撮影がスタート!「猫背ぎみにしすぎると、肩幅が広いだけの人に見えるかなあ?もうちょっと内側に丸めた方がいいかな?」とスタッフに見え方を聞いていた木村さん。姿勢のいいロイドもステキですが、猫背ぎみの黎士も何だか可愛いですよね(笑)。
黎士が星にグイグイ話しかける部分では…
桐谷さん「俺、憧れの人に会えて慌てている感じなんだけど、ちょっと笑っている感じに見えました?」
木村さん「星らしいと思ったけど…」
坪井監督「良かったよ!」
桐谷さん「なら、よかったです」
と、現場で話していた3人。
星の慌てっぷりに思わず笑ってしまった方もいるのでは?

また、黎士が“火”に関して語る部分では、「星に話しかけられるまで、手を洗って、手を拭いて…ちょっと手持ち無沙汰になっちゃったから、メガネを拭いちゃったけど、大丈夫でした?」と坪井監督に確認していた木村さん。会話テンポやの空気を大切にするため、木村さんが本番で加えた動きなのです。

(写真)

さらに、黎士が星に「これからは君のひらめきの源にするといい」と言ったのを覚えていますか?
実は、台本では「これからは君の思索の源にするといい」と書かれていたのですが、 「“ひらめき”の方が黎士らしいのでは?」と木村さんと坪井監督が、丁寧に話し合って変更されたのです。

(写真)

こうして完成した黎士と星の回想シーン。
「僕みたいになると不幸になる」
と、黎士が星に告げた理由は…?

それが、徐々に明らかになりますので、ぜひぜひ楽しみにしていてくださいね。