全日本フィギュアスケート選手権2001

  • 今・来月放送

荒川静香!村主章枝!田村岳斗!竹内洋輔!岡崎真!わずか1つのソルトレイク五輪出場権を懸けた熱き戦い!2001年末に行われた大会の模様をオンエア!
2002年ソルトレイク五輪の最終選考会を兼ねた大会となった第70回記念大会。男女シングルの本大会出場枠は、それぞれ“2”。男子の本田武史と女子の恩田美栄は、この年のグランプリファイナル入賞により五輪出場が内定。これにより全日本選手権では、男女とも残り“1”の出場枠を争う形となった。五輪に出場するためには優勝あるのみ!
女子シングルは、長野に続いての五輪出場を狙う当時19歳の荒川静香と、悲願の五輪初出場を目指す当時20歳の村主章枝による一騎打ちとなった。ショートプログラム(SP)を終えての順位は、村主が1位で荒川が2位。勝負の行方はフリースケーティング(FS)の結果に委ねられた。
村主は、持ち前の豊かな表現力を遺憾なく発揮。大きなミスもなくFSでも1位。文句なしの総合優勝で、涙の五輪出場決定となった。一方、一発逆転を狙った荒川だったが、ジャンプでのミスが響きFSでも2位。惜しくも総合2位に終わり、連続五輪出場を逃してしまった。荒川はこの悔しさを、4年後のトリノ五輪での金メダル獲得によって晴らすこととなる。
このほか、この大会がシニアデビュー戦となった当時14歳・ジュニアチャンピオンの安藤美姫や当時高校1年生の中野友加里が、今後の台頭を予感させる伸びやかな演技を披露。安藤が総合3位、中野が総合5位とそれぞれ上位に食い込んだ。
そして混戦模様の男子シングル。SP終了時点では、25歳の岡崎真が1位、長野五輪にも出場した22歳の田村岳斗が2位、引退を懸けてこの大会に臨んだ竹内洋輔が3位。そして迎えたFSは、ミスが目立った岡崎と田村に対し、竹内が力強い演技を披露して1位。逆転で総合優勝を飾り、悲願の五輪初出場を決めた。
また、この大会がシニアの大会への初参加となった当時15歳・ジュニアチャンピオンの高橋大輔は総合5位。放送内では、演技こそ扱われていないものの、「期待の新星・注目選手」として紹介されている。

【放送内容】
《女子シングル ショートプログラム》※放送順
荒川静香「タンゲーラ」
村主章枝「アヴェ・マリア」

《女子シングル フリースケーティング》※放送順
安藤美姫「白鳥の湖」
荒川静香「トゥーランドット」
中野友加里「Carnival Overture」
村主章枝「月光」

《男子シングル フリースケーティング》※放送順
竹内洋輔「ターザン」
田村岳斗「ハムナプトラ」
岡崎真「THE PEACEMAKER」

解説:小川勝、伊藤みどり
リポーター:八木沼純子
実況:戸崎貴広

【開催:2001年12月21日〜23日 大阪・なみはやドーム(大阪府立門真スポーツセンター)】

番組基本情報

  • 全話数 : 1話

TBSチャンネル2

今月 5/4(木)午後2:00〜午後3:00

来月 放送予定

2017年4月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 4/15(土) 午後0:40〜午後1:40
    • TBSチャンネル2
  • 5/4(木) 午後2:00〜午後3:00
    • TBSチャンネル2
TBS1 TBS2