音楽の巨人たち〜TBSのライブラリーから、50年ぶりによみがえる〜 #18 フランク・シナトラ(1962年)“日比谷野外音楽堂”

出演

フランク・シナトラ、ザ・ビル・ミラー・セクステット(演奏)

  • 放送未定

TBSが誇る多彩な映像ライブラリーから、半世紀の時を経て発掘された洋楽・ジャズの巨匠たちの名演をお届けするシリーズ。

最終回となる第18回は、20世紀を代表するエンターテイナー、フランク・シナトラ。円熟期にあった1962年、10週間に及ぶワールド・ツアーの一環で初来日。その際TBSは、当番組初回でお届けした赤坂・ミカド公演とともに、日比谷野音でのチャリティ・ショーも完全収録。昼間の野外ステージに小編成のバンドとシナトラには珍しいセッティング、そしてツアー中最高と称されるパフォーマンス−世界的にも貴重な映像で番組を締めくくる。

TBSに保存されていた当時の記録には「できるだけ多くの人に歌をきかせたい…というシナトラの希望で、えらばれた野外音楽堂には立見をふくめて九千人の聴衆が集まり、その最前列には特に孤児三十名招待され、見守っていた(原文ママ)」とある。このチャリティ・ショーは、恵まれない子どもたち救済の活動資金を集めるためのもので、バンドThe Bill Miller Sextetのギャラ他4000万円(現在の価値にして約1億7000万円!)は、シナトラのポケットマネーで賄った。自身のヒット曲「All the Way」を「石段に腰をかけ話しかけるようにうたい、聴衆と一体になってのびのびと四月の風をたのしんでいた」シナトラ。生涯に亘って十八番とした「I've Got You Under My Skin」「The Lady Is a Tramp」などスタンダードナンバーの数々も披露し、詰めかけたファンを沸かせた。なおワールド・ツアーは、最終的に100万ドルを集めて大成功に終わったと言う。



※本作は1962年4月21日に収録され、1962年5月5日に「丸井土曜プレゼント『フランク・シナトラ・チャリティ・ショー』」としてTBSで放送されたものです。

番組基本情報

  • 制作年 : 1962年
TBS1 TBS2