音楽の巨人たち〜TBSのライブラリーから、50年ぶりによみがえる〜 #14 キャノンボール・アダレイ(1963年)“TBS スタジオ”

出演

キャノンボール・アダレイ(アルトサックス)、ナット・アダレイ(コルネット)、ユセフ・ラティーフ(テナーサックス、フルート、オーボエ)、サム・ジョーンズ(ベース)、ルイス・ヘイズ(ドラム)、ジョー・ザヴィヌル(ピアノ)、トニ・ハーパー(ボーカル)

  • 放送未定

TBSが誇る多彩な映像ライブラリーから、半世紀の時を経て発掘された洋楽・ジャズの巨匠たちの名演をお届けするシリーズ。

第14回はアルトサックスの名手、キャノンボール・アダレイ。ラテン音楽が街に溢れるフロリダ州出身とあって、ファンキーで明るい演奏が持ち味。後にソウル・ジャズ、ファンキー・ジャズの立役者となったことでも知られています。

人気絶頂の1963年に自身のセクステット(=六重奏団)を率いて来日公演を行った際、TBSのスタジオでライブを収録。セットリストは日本でもヒットした「Work Song」から、往年の名曲「I Can't Get Started with You」、アダレイが前衛的と胸を張る自作の「Primitivo」など、過去と未来のジャズシーンを去来できるような構成に。実力派揃いの楽団メンバーの演奏に加え、少女時代から歌い始め、早熟の天才と称えられたトニ・ハーパーの伸びやかなボーカルもお楽しみに。


※本作は1963年に「キャノンボールイントーキョー」としてTBSで放送されたものです。

番組基本情報

  • 制作年 : 1963年
TBS1 TBS2