CNBLUE 2014 ARENA TOUR

CNBLUE 2014 ARENA TOUR “WAVE”

出演

CNBLUE(ヨンファ、ジョンヒョン、ジョンシン、ミンヒョク)

日本で人気の韓国バンドグループCNBLUEの最新ツアー「CNBLUE 2014 ARENA TOUR “WAVE”」から2014年11月6日(木)に行われた大阪城ホール公演の模様をテレビ初独占放送する。2014年9月にリリースしたニューアルバム“WAVE”を引っ提げて開催された本ツアー。単独ライブとしては初となる日本武道館からスタートし、大阪、仙台、福岡、名古屋の5都市で約10万人を動員。K−POPイケメンバンドとして絶大なる人気を誇る彼らは、俳優としてソロ活動も盛んだ。最近では、ボーカルのヨンファが韓国ドラマ「三銃士」で史劇に初挑戦し、俳優としての成長を高く評価された。4人がそれぞれに活躍しながらも、それでもやはり“ライブ”が自分たちの居場所だと語る。

インディーズ最後のライブ「392」のステージ以来となった回転式の“センターステージ”。360度観客に埋め尽くされた会場は開始前から熱気に包まれ、CNBLUEのメンバーが登場すると割れんばかりの歓声が沸き起こった。オープニングは、バラード曲「ring」でしっとりとスタート。続いて、パワー全開のダンスナンバー「Have a good night」ではステージが回転。メンバーのボルテージは高まり、会場は全員総立ちでヒートアップ。ボーカルのヨンファは「アリーナツアー、たくさん来てくれてホンマにありがとうございます。」と覚えたての?関西弁も交えて愛嬌たっぷりにあいさつ。続いてドラムのミンヒョクは「センターステージはどこが前?どこにも観客の方がいるから一体感がスゴイ!」と自らもライブを楽しんでいる様子。後半は、ヨンファが初めて作ったという「Y,Why…」、ジョンヒョンのソフトボイスとヨンファの優しいキーボード演奏が重なりあう英語バージョンの「my miracle」などバラード曲中心。そして終盤は「ソリジロ〜(叫べ!)」というヨンファの掛け声を合図に「I’m sorry」「Lady」とアッパーな楽曲を次々にプレイ。
エンディング曲「Radio」では、ダンサブルなエレクトロサウンドに合わせ“ウォーウォー”会場中が大合唱。ヨンファは「大阪!ホンマにありがとうございます」と叫びながら、センターステージを縦横無尽に駆け回った。飾り気のない本音トーク、気持ちの入ったアグレッシブなパフォーマンスが魅力のCNBLUEライブ。
メンバーとファンが一体となった心地よいステージを、ぜひお見逃しなく!

【収録:2014年11月6日(木)〜大阪城ホール】

番組基本情報

  • 制作年 : 2014年
  • 全話数 : 1話
  • プロデューサー : 矢島公紀
TBS1 TBS2