CNBLUE Zepp Tour 2013〜Lady〜@Zepp Tokyo

出演

CNBLUE(ヨンファ、ジョンヒョン、ミンヒョク、ジョンシン)

  • 放送未定

日本で大ブレーク中のK−POPイケメンバンドCNBLUEが、8月7日にZepp Tokyoで行ったライブの模様を放送!TBSチャンネルでは、ライブ映像はもちろんのことオリジナルの独占インタビュー映像もあわせて放送する。北海道、東京、名古屋、福岡、大阪と全5会場10公演のZeppツアーを成功させたCNBLUE。6thシングル「Lady」も大ヒットし、今まさにノリに乗っている彼ら。各メンバーが出演したドラマも日本でヒットし、さらに幅広いファン層を獲得。今後の活躍が最も期待されるバンドの一つとして注目をあびている。ロックからバラード、ラップまで幅広いジャンルでファンを魅了するCNBLUEの成長した姿をTBSチャンネルでチェックしよう!

ブルーのライトが Zepp Tokyo の観客を照らし出しレッドライトへと変わった瞬間、 CNBLUEのメンバーがステージに登場。「用意はいいですか?」ボーカル・ヨンファの雄たけびに、オーディエンスは初っ端からヒートアップ。オープニング曲「Where you are」から立て続けにハードロックナンバーを披露し存在感をアピールする。続いてヨンファとジョンヒョンがソロパートを歌い分ける「LET’S GO CRAZY」で会場を盛り上げた後は、流暢な日本語でファンとのMCトークを楽しむメンバー。一方、ジョンヒョンはソロパート「eclipse」で、ギターのテクニックもさることながら、せつない感情表現とその圧倒的な歌唱力でファンを魅了。 後半は、日韓のヒット曲を連発。その中でも韓国語の楽曲「 Coffee shop 」 「I’m sorry」が披露されると、オーディエンスも「ミチョッソ(狂ったの?)」と韓国語でレスポンスし盛り上がる。痛快なダンスナンバーの新曲「Lady」ではスタジオを縦横無尽に駆け回り、会場のテンションは一気に最高潮に達した。アンコールでは、昔、新宿駅や原宿駅などで歌ったことがあるという「 Teardrops in the rain 」をしみじみ歌い上げるCNBLUE。自らを“ライブで勝負するバンド”と言い切る彼らのこだわりが随所に垣間見られたZeppツアーだった。人気・実力ともにK−POPを代表するロックバンドとなった彼らのライブをTBSチャンネル1で堪能しよう!

【放送曲目】
1.「Where you are」
2.「IN My Head」
3.「Time is over」
4.「LET’S GO CRAZY」
5.「The Way part3〜eclipse」
6.「Blind love」
7.「Robot」
8.「Coffee shop」(韓国語)
9.「I’m sorry」(韓国語)
10.「lady」
11.「Teardrops in the rain」
12.「starlit night」

【収録:2013年8月7日 Zepp Tokyo】

番組基本情報

  • 制作年 : 2013年
  • 全話数 : 1話
  • プロデューサー : 矢島公紀
  • その他 : ※タイトルの「@」は正式には、半角です。システムの都合上全角となっております。
TBS1 TBS2