スキマスイッチ ARENA TOUR’07“W−ARENA”

出演

スキマスイッチ

スキマスイッチが初のベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」を引っさげて、初のアリーナツアー「スキマスイッチ ARENA TOUR’07”W−ARENA”」を開催した。TBSチャンネルでは、2007年12月1日にさいたまスーパーアリーナで行われた全国アリーナツアー最終公演を放送!
サウンドにこだわる彼らのステージは今回、MCを極端に少なくし、数々のヒット曲が次々に披露されていくという構成。「ガラナ」が歌われると、本格的ライブスタートの合図とばかりに1万6千人に膨れ上がった会場は、女性ファンの熱い歓声とともに、一気にヒートアップ。中盤は「ボクノート」「藍」「奏(かなで)」などバラードが披露され、大橋卓弥の澄みわたった高音と常田真太郎のサウンドが会場に心地よく広がった。後半は「キレイだ」「アーセンの憂鬱」「ふれて未来を」と盛り上がりのある曲が続き、観客全員の拍手と大合唱で会場は一つになった。そして、「全力少年」では、全員が曲の全てを口ずさみ盛り上がりは最高潮に。その振動でアリーナが揺れた。今回のツアーを振り返った大橋は「このアリーナツアーは、本当に夢のような時間でした。今まで僕たちの曲を聴いてくれたことを感謝しています。“ありがとう”という言葉では言い表せないぐらい、本当に幸せ」と感謝の言葉を述べた。このライブは、時に冷たく、時に暖かく、悲しさや嬉しさを歌や曲に表現する2人のこれまでの集大成ともいえるものとなった。2008年は、大橋のソロ活動が決定しており、2人揃っての「スキマスイッチ」のライブはしばらくお預けになるだけに今回の映像はファン必見だ。
【放送曲目】
1.「螺旋」
2.「view」
3.「ガラナ」
4.「スフィアの羽根」
5.「飲みに来ないか」
6.「ボクノート」
7.「雨待ち風」
8.「藍」
9.「奏(かなで)」
10.「君の話」
11.「キレイだ」
12.「アーセンの憂鬱」
13.「ふれて未来を」
14.「全力少年」

【収録日:2007年12月1日 さいたまスーパーアリーナ】

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 矢島公紀
TBS1 TBS2