槇原敬之 CONCERT TOUR 2006“LIVE IN DOWNTOWN”

出演

槇原敬之

  • 放送未定

「どんなときも。」「冬がはじまるよ」など、温かく心に響き渡る名曲の数々を世に送り出してきた、シンガーソングライター・槇原敬之の全国ツアー“LIVE IN DOWNTOWN”東京ファイナル公演をTBSチャンネルで放送!
2006年2月に1年半ぶりとなるオリジナルアルバム「LIFE IN DOWNTOWN」をリリースした槇原は、オリコンアルバム総売り上げ1089万6,000枚という偉業を達成し、男性ソロアーティストとして歴代1位(当時)に輝いた。このアルバムの楽曲を中心としたライブは、“下町”をテーマにした前半と、幻想的な“月”をモチーフにした後半の2部構成で、オープニングからエンディングまで“マッキーワールド”全開のステージを展開。オープニング、家業の電器店をイメージした作業服に頭にタオルを巻いて登場した槇原は、溢れんばかりの“マッキーコール”で迎えられる。アルバム曲「尼崎の夜空を見上げて」「いつでも帰っておいで」、ダンスナンバー「Gazer」、CMソング「遠く遠く」など、ヒット曲を次々と熱唱! MCでは、ノリノリの関西弁でファンを楽しませる。また、ダウンタウンの松本人志作詞・槇原敬之作曲、浜田雅功と槇原で歌った話題曲「チキンライス」も披露し、ファンを魅了した。
第2部では月をモチーフにしたセットの中、槇原がアルバムデザインと同様のジャケット姿で登場!「月の石」を熱唱すると、会場は一変して幻想的な世界に包まれた。そして、人気ヒップホップユニット“HOME MADE家族”とのコラボで話題となったヒット曲「ほんの少しだけ」、レゲエ調の「ゥンチャカ」を熱唱するとオーディエンスの興奮は最高潮に…。
懐かしの名曲からヒットソングまで、槇原の紡ぎだすコトバとメロディー、そして変わらぬ音楽への愛がたっぷり堪能できる最高のライブをTBSチャンネルで体感しよう!

【放送曲目】
1.「尼崎の夜空を見上げて」
2.「いつでも帰っておいで」
3.「Gazer」
4.「遠く遠く」
5.「チキンライス」
6.「月の石」
7.「親指を隠さずに」
8.「ほんの少しだけ」
9.「店じまい」
10.「Naked」
11.「ゥンチャカ」
12.「スポンジ」
13.「ココロノコンパス」
14.「星の光」

【収録日:2006年6月12日 東京国際フォーラム】

番組基本情報

  • 制作年 : 2006年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 矢島公紀
TBS1 TBS2