映画「小川の辺」

出演

東山紀之、菊地凛子、勝地涼、片岡愛之助、尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤竜也 ほか

東山紀之主演で藤沢周平の傑作小説を映画化した感動作。妹の夫である友を討てと命じられた藩士が、義と情の狭間で揺れ動きながら運命に向き合う姿を描く。主人公の藩士・戌井朔之助役の東山が、武士としての道理を守るために妹の夫を討つという主命を果たそうとする兄を、その研ぎ澄まされた肉体でしなやかに演じる。日本人の心、義と情を描いた藤沢作品の世界観を体現した演技は見どころ。共演は、菊地凛子、勝地涼、片岡愛之助、尾野真千子ら実力派の俳優陣。2011年作品。

【ストーリー】
海坂藩士・戌井朔之助(東山紀之)は、脱藩した元藩士・佐久間森衛(片岡愛之助)を討てとの藩命を受ける。しかし、佐久間は朔之助の妹・田鶴(菊池凛子)の夫であり、かつては剣の腕を認め合った友人でもあった。朔之助の心は揺れた。妹を斬ってでも主命に従えと諭す父・忠左衛門(藤竜也)に、涙を流す母・以瀬(松原千恵子)。妻の幾久(尾野真千子)は夫の身を案じながらも、気丈に振る舞う。武家の妻として夫を守るために兄にすら刀を抜きかねない田鶴の勝気な性格を知りながらも、家を守るため、武士としての道理を守るため、朔之助は主命に従い佐久間を討つ旅に出ることを決意する。

番組基本情報

  • 制作年 : 2011年
  • 全話数 : 1話
  • ディレクター・監督 : 篠原哲雄
  • 原作 : 藤沢周平
  • 脚本 : 長谷川康夫、飯田健三郎
  • その他 : ※西岡徳馬の「徳」は、正式には「心」の上に「一」が入ります。システムの都合上「徳」となっております。
TBS1 TBS2