兼高かおる世界の旅

出演

兼高かおる【声の出演】兼高かおる、芥川隆行

  • 今・来月放送

日本のテレビ史上に燦然と輝く、紀行番組の金字塔「兼高かおる世界の旅」。1959年、当時の日本人にあまり馴染みがなかった世界各地を駆けめぐり、その風俗・文化・歴史などを紹介する本格的海外取材番組としてスタート。日曜の午前中はこの番組を見なければ1日が始まらないとまで言われるほど、多くの視聴者に親しまれ、31年もの長寿番組となった。訪れた国の数は150カ国あまり、地球を180周した計算になる。
兼高かおるは、ナレーター、ディレクター、プロデューサーを全て一人でこなし、当時の国家元首から秘境の地に住む村人まで様々な人々と接し、幾多の冒険にも果敢に挑戦した。民間人の海外渡航が自由にできなかった時代。彼女の「世界をお茶の間に運ぶのが私の仕事」という言葉通り、実際に自らの目で見てきた、手で触れてきた世界の旅。すべてが番組内の貴重な映像の数々に凝縮されている。

【9月のラインアップ】

★「第20次取材ハイライト」(1968年4月7日放送)【カラー】
ニューヨークの現代アートやハワイのアクティビティ、インドの動物たちなどを紹介していく。ニューヨークのエレクトリックサーカスは、光の激しい明滅とダンスとを組み合わせた新しいアート。また、現代アーティストとして高い評価を受けているピーター・マックスや、ジム・モランの自宅を訪問する。ハワイ・オアフ島では芸達者な鳥たちのショーを見学し、オウムとポーカーを楽しむ。また、インドでは野生のゾウを捕獲するダイナミックな様子を取材する。

★「インドの象」#389(1968年4月14日放送)【カラー】
中央インドでの野生ゾウの捕獲方法などを紹介していく。ゾウ狩りと言っても殺すわけではなく、飼いならされたのち政府によって売買される。森の中に柵を張り巡らし、ゾウたちを追いつめていくという"長期戦"のため、臨時キャンプ場も作られる。たくさんの巨大なゾウが一斉に移動するダイナミックな様子は一種のショーを思わせる。そのため、インドの王族が見物に来ることもあるという。また、飼いならされたゾウが野生のゾウを追い立てるという場面も。

★「第21次取材ハイライト」(1968年5月26日放送)【カラー】
ニューブリテン島・ラバウル、ソロモン諸島、オーストラリア・シドニー、タイ・バンコク、シンガポールを紹介していく。ニューブリテン島・ラバウル、ソロモン諸島では、かつて日本軍が使用していた潜水艦やゼロ戦の残骸など、太平洋戦争の名残を各地で見ることができる。ところ変わってオーストラリア・シドニー近郊では、水泳クラブ対抗の人命救助コンテストや羊毛刈りコンテストなど、珍しいコンテストの模様を取材。シンガポールでは、猿の神様を祀っている神社を訪問する。

★「シンガポール1968」#396(1968年6月16日放送)【カラー】
アジアの小さな島国・シンガポールを紹介していく。シンガポールには世界有数の港があり、たくさんの船が絶えず行き来している。また、近年の人口増加により雇用の拡大が急務のため、鉄工所や造船所の建設も進められている。そのほか、インドネシアから輸入したというワニを養殖し、ワニ革に加工する工場も訪問。成長著しいシンガポールの人々の暮らし、文化、娯楽などを取材する。

【10月のラインアップ】

★「戦争と平和の島」#397(1968年6月23日放送)【カラー】
かつては戦地であったソロモン諸島を紹介していく。米軍の使用していた燃料タンクが給水タンクに、日本の爆弾の残骸が植木鉢に使われるなど、太平洋戦争の名残を色濃く残すニュージョージア島。また、ソロモン諸島最大の島・ガダルカナル島では、兵士たちが置いていった"戦争の忘れ物"を輸出したり、博物館を作ったりしているほか、兵士の金歯を拾っている人も。戦争の記憶を残しつつも、今は静かで緑豊かな島々の様子を取材する。

★「こんにちはラバウル」#399(1968年7月7日放送)【カラー】
ビスマルク諸島のニューブリテン島・ラバウルを紹介していく。魚雷が無造作に放置され、ホテルの入り口には爆弾や鉄カブトが並ぶラバウル。日本軍が掘ったという防空壕には、「大発」が並んでいる。大発とは、軍艦から上陸するための小船のこと。また、ラバウルの先住民たちの暮らしも取材。ココアの種を加工する様子や、巨大な材木を輸送船に積むという、ダイナミックで危険が伴う作業をレポートする。

★「夜明けの島」#403(1968年8月4放送)【カラー】
日本から最も近いアメリカ・グアムを紹介していく。最も東にあるアメリカとして「アメリカの夜明けの場所」とも言われるグアム。マリアナ諸島の南に位置し、400年もの永きにわたりスペインの領土だったが、1899年よりアメリカ領となった。ラッテ・ストーンと呼ばれる石柱群や現地のスーパーマーケット、様々な人種の子供たちが通う小学校を訪問。また、グアムの先住民族であるチャモロ人の家庭を訪れ、醤油や粉わさびなど日本の調味料を使って料理をする様子を伝える。

★「人魚の島」#404(1968年8月11日放送)【カラー】
イタリア・カプリ島を紹介していく。カプリ島はナポリから船で30分程度の場所に位置する小さな島だが、1年通じて観光客で賑わっている。店先には色とりどりの靴やバッグが並び、「ここでは地味な色合いの服装だと野暮に見える」と兼高は話す。リフトでモンテ・ソラーロに登ると、頂上からはソレントやナポリが見える。その後、名勝・青の洞窟を訪れ、洞窟全体がほの青く光る神秘的な光景をレポートする。

番組基本情報

  • 制作年 : 1959年
  • 制作 : TBS

TBSチャンネル2

今月 毎週(土)午前6:30〜午前7:00
【再】翌週(土)午前6:00〜午前6:30

来月 毎週(土)午前6:30〜午前7:00
【再】翌週(土)午前6:00〜午前6:30

2019年9月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
2019年10月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 9/7(土) 午前6:00〜午前6:30 #387 南海の王国
    • TBSチャンネル2
  • 9/7(土) 午前6:30〜午前7:00 #3323 第20次取材ハイライト
    • TBSチャンネル2
  • 9/14(土) 午前6:00〜午前6:30 #3323 第20次取材ハイライト
    • TBSチャンネル2
  • 9/14(土) 午前6:30〜午前7:00 #389 インドの象
    • TBSチャンネル2
  • 9/21(土) 午前6:00〜午前6:30 #389 インドの象
    • TBSチャンネル2
  • 9/21(土) 午前6:30〜午前7:00 #3322 第21次取材ハイライト
    • TBSチャンネル2
  • 9/28(土) 午前6:00〜午前6:30 #3322 第21次取材ハイライト
    • TBSチャンネル2
  • 9/28(土) 午前6:30〜午前7:00 #396 シンガポール1968
    • TBSチャンネル2
  • 10/5(土) 午前6:00〜午前6:30 #396 シンガポール1968
    • TBSチャンネル2
  • 10/5(土) 午前6:30〜午前7:00 #397 戦争と平和の島
    • TBSチャンネル2
  • 10/12(土) 午前6:00〜午前6:30 #397 戦争と平和の島
    • TBSチャンネル2
  • 10/12(土) 午前6:30〜午前7:00 #399 こんにちはラバウル
    • TBSチャンネル2
  • 10/19(土) 午前6:00〜午前6:30 #399 こんにちはラバウル
    • TBSチャンネル2
  • 10/19(土) 午前6:30〜午前7:00 #403 夜明けの島
    • TBSチャンネル2
  • 10/26(土) 午前6:00〜午前6:30 #403 夜明けの島
    • TBSチャンネル2
  • 10/26(土) 午前6:30〜午前7:00 #404 人魚の島
    • TBSチャンネル2
TBS1 TBS2