韓国ドラマ「ヒーラー〜最高の恋人〜」ノーカット字幕版

出演

チ・チャンウク、パク・ミニョン、ユ・ジテ、パク・サンウォン、キム・ミギョン ほか

  • 今・来月放送
  • TBSch初
  • スタート
  • HD

人気韓流スター、チ・チャンウク主演!どんな依頼も完璧にこなす便利屋と、彼の正体を知らずに惹かれていく女性記者の恋を描いたピュア・ラブストーリー。チャンウクが、闇の便利屋“ヒーラー”ことソ・ジョンフを熱演。ジョンフの持つ、切れ者のヒーラー、気弱な新聞記者、人を避けて生きる孤独な青年という3つの顔を見事に演じ分け、それぞれの一面の魅力である“カッコよさ・可愛さ・切なさ”を巧みに表現した。その高い演技力と甘いマスクとセクシーさに、多くの視聴者が夢中に!また、ほぼスタントなしのダイナミックなアクションシーンも話題になった。ある日、ジョンフは依頼を受け、パク・ミニョン演じる新聞記者ヨンシンを調べることに。新人記者に扮してヨンシンに近づくジョンフだったが、ある事件から2人はともに命を狙われ始める。正体を隠したままヨンシンの身を守ることになったジョンフは、次第に彼女と心の距離を縮めていき…。“秘密の映画館デート”“目隠しキス”など、2人の極上ラブシーンの数々は必見。とろけるようなロマンスと痛快なアクション、スリリングなサスペンスをお楽しみに!2015年作品。

【ストーリー】
闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は、誰にもその顔を見られることなく、殺人以外ならどんな依頼も完璧にこなす業界屈指のレジェンドだ。そんな彼のもとに、1人の女性を捜してほしいという依頼が入る。ターゲットは、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)。依頼主は、ABS放送局のスター記者、キム・ムンホ(ユ・ジテ)だった。難なく彼女を見つけ出し、仕事をこなしたジョンフだったが、さらにムンホから新たな依頼が届く。それは、ヨンシンの夢を調べること。奇妙な依頼を不審に思いつつも、彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新人記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入する。そんな中、ある事件によりジョンフ、さらにヨンシンが狙われるように。ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが…。一方で、ムンホはある過去の出来事に苦悩し、ヨンシンを一流記者に育てようとしていた。その裏には、ヨンシンやジョンフ、彼らの親たちの因縁が隠されていて…。
その過去の真実とは?ジョンフとヨンシンの愛の行方は?

番組基本情報

  • 制作年 : 2015年
  • 全話数 : 20話
  • ディレクター・監督 : イ・ジョンソプ、キム・ジヌ
  • 脚本 : ソン・ジナ

TBSチャンネル1

今月 7/3(金)から7/16(木)まで 毎週(月)-(金)午後8:30〜午後10:50[2話ずつ]

来月 放送予定

2020年7月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
2020年8月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 7/3(金) 午後8:30〜午後9:40 #1 闇の便利屋、ヒーラー
    • TBSチャンネル1
  • 7/3(金) 午後9:40〜午後10:50 #2 奇妙な依頼
    • TBSチャンネル1
  • 7/6(月) 午後8:30〜午後9:40 #3 怪しい依頼人
    • TBSチャンネル1
  • 7/6(月) 午後9:40〜午後10:50 #4 新人記者パク・ボンス
    • TBSチャンネル1
  • 7/7(火) 午後8:30〜午後9:40 #5 ヒーラーとの出会い
    • TBSチャンネル1
  • 7/7(火) 午後9:40〜午後10:50 #6 思いがけない告白
    • TBSチャンネル1
  • 7/8(水) 午後8:30〜午後9:40 #7 ムンホの狙い
    • TBSチャンネル1
  • 7/8(水) 午後9:40〜午後10:50 #8 片思いの相手
    • TBSチャンネル1
  • 7/9(木) 午後8:30〜午後9:40 #9 待っているのに
    • TBSチャンネル1
  • 7/9(木) 午後9:40〜午後10:50 #10 ボンスの告白
    • TBSチャンネル1
  • 7/10(金) 午後8:30〜午後9:40 #11 秘密の映画館デート
    • TBSチャンネル1
  • 7/10(金) 午後9:40〜午後10:50 #12 ヨンシンとの因縁
    • TBSチャンネル1
  • 7/13(月) 午後8:30〜午後9:40 #13 ボンスの正体
    • TBSチャンネル1
  • 7/13(月) 午後9:40〜午後10:50 #14 私を離さないで
    • TBSチャンネル1
  • 7/14(火) 午後8:30〜午後9:40 #15 ムンシクとの戦い
    • TBSチャンネル1
  • 7/14(火) 午後9:40〜午後10:50 #16 はめられたジョンフ
    • TBSチャンネル1
  • 7/15(水) 午後8:30〜午後9:40 #17 母との対面
    • TBSチャンネル1
  • 7/15(水) 午後9:40〜午後10:50 #18 22年前の真実
    • TBSチャンネル1
  • 7/16(木) 午後8:30〜午後9:40 #19 戦うべき相手
    • TBSチャンネル1
  • 7/16(木) 午後9:40〜午後10:50 #20 ヒーラーの夢
    • TBSチャンネル1

エピソードリスト

#1 闇の便利屋、ヒーラー

#1 闇の便利屋、ヒーラー

業界屈指の実力を誇る闇の便利屋「ヒーラー」ことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)。WEB芸能記者チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)は、スクープを追う中ヒーラーを知る。

#2 奇妙な依頼

#2 奇妙な依頼

ジョンフ(チ・チャンウク)はヨンシン(パク・ミニョン)のDNAサンプルを入手してほしいという依頼を受け、彼女の荷物を盗み出すが、ヨンシンも果敢に抵抗する。

#3 怪しい依頼人

#3 怪しい依頼人

殺人犯に仕立てられたジョンフ(チ・チャンウク)は、一連の依頼人による罠ではないかと疑う。ヨンシン(パク・ミニョン)を陰から見つめるムンホ(ユ・ジテ)を怪んで…。

#4 新人記者パク・ボンス

#4 新人記者パク・ボンス

ジョンフ(チ・チャンウク)は自分をはめた人物を探るべく、危険を承知でヨンシン(パク・ミニョン)の勤務先「サムデーニュース」に新人記者パク・ボンスとして入社する。

#5 ヒーラーとの出会い

#5 ヒーラーとの出会い

キム議員の記事の件で連れ去られたヨンシン(パク・ミニョン)をヒーラーとして救い出すジョンフ(チ・チャンウク)に、ミンジャ(キム・ミギョン)は彼の変化を察する。

#6 思いがけない告白

#6 思いがけない告白

頼りないボンスを装うジョンフ(チ・チャンウク)はミンジャ(キム・ミギョン)の手を借り、ヨンシン(パク・ミニョン)とともにファン社長の家を脱け出すが…。

#7 ムンホの狙い

#7 ムンホの狙い

ムンホ(ユ・ジテ)はヨンシン(パク・ミニョン)が勤めるサムデーニュースを買い取り、キム議員のスキャンダルを報道すべく動く。突然のことに動揺するヨンシンだが…。

#8 片思いの相手

#8 片思いの相手

ジョンフ(チ・チャンウク)は、思いがけず亡父とムンシク(パク・サンウォン)の妻ミョンヒの繋がりを知る。一方、ヨンシン(パク・ミニョン)も偶然あることを知り…。

#9 待っているのに

#9 待っているのに

ヨンシン(パク・ミニョン)に目隠しをしたまま、キスをするジョンフ(チ・チャンウク)。彼をヒーラーと思い込むヨンシンは混乱。ヨンシンは“ボンス”に電話を掛け…。

#10 ボンスの告白

#10 ボンスの告白

ヨンシン(パク・ミニョン)とボンス(チ・チャンウク)はキム議員の記者会見に潜入し、疑惑を問い詰める。それを受けムンホ(ユ・ジテ)が真相を報道し、計画は成功する。

#11 秘密の映画館デート

#11 秘密の映画館デート

父とムンホ(ユ・ジテ)の接点を知ったジョンフ(チ・チャンウク)は正体を明かす覚悟で、“ヒーラー”としてムンホを訪ねていく。ヒーラーの正体を知ったムンホは…。

#12 ヨンシンとの因縁

#12 ヨンシンとの因縁

ジョンフ(チ・チャンウク)は父のぬれぎぬを晴らすべく、当時の事件記録を閲覧しようと試みる。それを知ったムンシク(パク・サンウォン)はジョンフを自宅に招き…。

#13 ボンスの正体

#13 ボンスの正体

ヨンシン(パク・ミニョン)は、ムンシク(パク・サンウォン)の罠にはまり怪我を負ったジョンフ(チ・チャンウク)を見つけ、ヒーラーの正体に気づき、ショックを受ける。

#14 私を離さないで

#14 私を離さないで

師匠であるヨンジェの死に衝撃を受け、策略にはめたムンシク(パク・サンウォン)を殺しに向かうジョンフ(チ・チャンウク)を、ムンホ(ユ・ジテ)は必死に引き留める。

#15 ムンシクとの戦い

#15 ムンシクとの戦い

ヨンシン(パク・ミニョン)の愛にジョンフ(チ・チャンウク)は心を開き、思いを通わせた2人は一夜を共にする。彼女の前で本当の自分として生きたくなったジョンフは…。

#16 はめられたジョンフ

#16 はめられたジョンフ

ミョンヒとの取材に向かうヨンシン(パク・ミニョン)の前にムンシク(パク・サンウォン)が現れる。ムンシクやムンホ(ユ・ジテ)が自分に近づいた理由を怪しむ彼女は…。

#17 母との対面

#17 母との対面

殺害現場にいたところをヨンシン(パク・ミニョン)に見られたジョンフ(チ・チャンウク)は、彼女が自分を犯人と誤解しているのではと気になって仕方ない。

#18 22年前の真実

#18 22年前の真実

22年前のジュンソクの陳述の録音からジュンソクは無実で、殺人犯に仕立てられていたことが判明。ジョンフ(チ・チャンウク)は事件を背後で操る“御大”に会いに行き…。

#19 戦うべき相手

#19 戦うべき相手

ムンホ(ユ・ジテ)が拉致され、助けに向かうジョンフ(チ・チャンウク)だが、その隙にヨンシン(パク・ミニョン)も監禁される。御大の手下の罠にハマったジョンフは…。

#20 ヒーラーの夢

#20 ヒーラーの夢

真犯人を見つけることができず、殺人の偽証をさせられた動画も警察に渡ってしまい、ジョンフ(チ・チャンウク)は指名手配に。そんな中、ジョンフは一か八かの賭けに出る。

さらに読み込む

TBS1 TBS2