西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ6「日光・恋と裏切りの鬼怒川」(内藤剛志主演)

出演

内藤剛志、石丸謙二郎、星野真里、友近、橋本じゅん、朝倉あき、岩永徹也、福田陽一、河合雪之丞、山野史人、伊嵜充則、吉井怜、林海象、根本りつ子、早瀬久美、井上裕介(NON STYLE)、IKKO、ベンガル、池上季実子、烏丸せつこ、六平直政、西岡徳馬 ほか

  • 放送未定

内藤剛志主演の十津川警部シリーズ第6弾を、3時間スペシャルでお届け。内藤演じる十津川警部と石丸謙二郎演じる亀井刑事のコンビが難事件に挑む。今回は、十津川が夫婦で訪れた日光で殺人事件が発生。殺された女性は被害に遭う前に「私は彼を殺します」と不気味なメッセージを残していた。事件捜査のさなか、亀井刑事が銃撃されてしまい…。最強コンビの離脱で十津川が最大のピンチに!2018年作品。

【ストーリー】
激務が続いていた十津川警部(内藤剛志)は亀井刑事(石丸謙二郎)に勧められ、妻の直子(池上季実子)を伴い日光の温泉に出かける。日光で直子と別行動をしていた十津川は、同じ宿に泊まっている若い女性がある寺で石仏に祈っているところに遭遇する。寺の休憩所で女性が「思い出ノート」に記した言葉を見つけて十津川は驚く。そこには「私は彼を殺します」と記してあり「ゆみ」(吉井怜)と名が添えてあった。十津川はすぐさま女を追ったが見失ってしまう。胸騒ぎのする十津川は宿帳を調べ、女が記した東京の住所と「高木亜木子」という名を発見し、亀井に調べるよう依頼する。高木亜木子(星野真里)は実在し、弁護士だと分かる。亀井は亜木子を訪ね、ゆみとの関係を聞くが、亜木子はゆみという女に心当りがないと答える。翌日、十津川はゆみの足跡をたどり、林の中で殺害されたゆみの死体を見つける。栃木県警の石野刑事(ベンガル)が現場に駆けつけ、捜査を開始する。東京に戻った十津川は亜木子と接触するが、少々強引な聞き込みに弁護士事務所から抗議され、三上刑事部長(西岡徳馬)から咎められてしまう。そんな中、捜査一課に殺害された女について知っているという匿名の電話が入るが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2018年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ザ レインドロップス/TBS
  • プロデューサー : 森下和清
  • ディレクター・監督 : 池澤辰也
  • 原作 : 西村京太郎「京都・恋と裏切りの嵯峨野」より
  • 脚本 : 赤松義正
  • その他 : ※西岡徳馬の「徳」は正式には、「心」の上に「一」が入ります。システムの都合上「徳」となっております。
TBS1 TBS2