日曜劇場「母のケッコン」

出演

杉村春子、遙くらら、奈良岡朋子、石野陽子、梅野秦靖、佐藤英夫、入江正徳、相沢治夫、名川貞郎、中島元、小松英次、てい子、ぼたん、由み絵、有安多佳子、若井愼一、松村彦次郎 ほか

  • 放送未定

カリスマ女優の杉村春子と元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役の遙くららが初共演し、母と娘を演じたドラマ。元芸者で料亭を営む花は、結婚しておらず夫はいないが、鮎子という娘がいる。鮎子は母の生き方を嫌って勉学に励み、医者になっていた。ある日、一人の男が倒れたという電話を受けて以来、花が落ち着かない様子になる。鮎子が調べると、その男は花がかつて想いを寄せた相手で…。1989年作品。

【ストーリー】
昔は地元でも指折りの芸者だった花(杉村春子)。今の花は常連客だけを相手にする小さな料亭を営む傍ら、芸者たちに三味線や長唄を教えている。花の一人娘・鮎子(遙くらら)は自分の父が誰か知らない。日陰の身である芸者という生き方を嫌った鮎子は勉学に励み、今では小児科の医師として働いていた。英子(石野陽子)という見習い芸者が住み込みで働いているが、世代の違いのせいかなかなか花の思うようには動かない。そんな中、一本の電話がかかってきて花の態度が一変した。仏前に祈り、神社に詣で、英子に八つ当たりする。鮎子は花の昔の朋輩・藤子(奈良岡朋子)を訪ね、母の秘められた部分を知った。花には生涯にただ一人、本気で想いを寄せた男がいたのだという…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1989年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一
  • 脚本 : 松山善三
TBS1 TBS2