韓国ドラマ「彼女はキレイだった」ノーカット字幕版

出演

パク・ソジュン、ファン・ジョンウム、チェ・シウォン(SUPER JUNIOR)、コ・ジュニ、ファン・ソクチョン、アン・セハ、シン・ヘソン、ヤン・ハニョル ほか

  • 放送未定

韓流トップスターのパク・ソジュンが主演を務め、2015年MBC演技大賞で優秀演技賞、人気賞など10冠に輝いた大ヒットドラマ!子ども時代の初恋から15年後、ファッション誌編集部で再会した男女を、ソジュンとファン・ジョンウムが甘く切なく、コミカルに熱演。さらに、SUPER JUNIORチェ・シウォンがミステリアスな先輩記者を好演した。ソジュン扮するチ・ソンジュンは昔は冴えない太っちょの少年だったものの、今やイケメンでドSなファッション誌の副編集長。一方、ジョンウム扮するキム・ヘジンは優等生の美少女から無職の残念女子になってしまっていた。勘違いとすれ違いからギクシャクしてばかりの2人だが…。厳しく冷酷でありながらも徐々にヒロインに優しい一面を見せるようになっていくソジュンのツンデレ演技はファンの心をわしづかみに!胸キュンが止まらない珠玉のロマンチック・ラブコメディ。2015年作品。

【ストーリー】
子供の頃、美人で優等生だったヘジン(ファン・ジョンウム)は成長して残念な容姿になってしまい、何をするにも冷遇され就職活動も上手くいかない日々。そんなある日、ヘジンのところに一通のメールが届く。それは、子供のころ太っちょでいじめられっ子だった親友であり初恋相手のソンジュン(パク・ソジュン)からだった。15年ぶりにソンジュンと会うことになり胸を躍らせるヘジンだったが、待ち合わせ場所に現れたのは完璧なイケメンに成長したソンジュンだった!
気後れしたヘジンはとっさに身を隠し、大親友で超美人のハリ(コ・ジュニ)に自分の代役を頼むが…。
後日、ひょんなことからファッション誌の編集部で働くことになったヘジン。しかし、そこに新しい副編集長としてソンジュンがやって来て…!?

番組基本情報

  • 制作年 : 2015年
  • 全話数 : 16話
  • ディレクター・監督 : チョン・デユン
  • 脚本 : チョ・ソンヒ

エピソードリスト

#1

#1

小学生時代に相思相愛だったソンジュン(パク・ソジュン)が帰国したと聞き、会いに行くヘジン(ファン・ジョンウム)。肥満児だったソンジュンはイケメンになっていて…。

#2

#2

ザ・モストの編集部に出向となったヘジン(ファン・ジョンウム)は、ニューヨーク本社から副編集長として配属されたソンジュン(パク・ソジュン)と再会するが…。

#3

#3

ソンジュン(パク・ソジュン)にからかわれたヘジン(ファン・ジョンウム)はファッションの勉強を開始する。一方、継母と父親の言葉で傷ついたハリ(コ・ジュニ)は…。

#4

#4

理不尽な理由でソンジュン(パク・ソジュン)に怒られたヘジン(ファン・ジョンウム)はシニョク(チェ・シウォン)とヤケ酒を飲み、泥酔状態でソンジュンに電話をかける。

#5

#5

休日に会社を訪れたヘジン(ファン・ジョンウム)はソンジュン(パク・ソジュン)と本社の人間との電話を偶然聞き、ザ・モストが廃刊の危機にあることを知ってしまう。

#6

#6

ヘジン(ファン・ジョンウム)の薬とお粥で体調が回復したソンジュン(パク・ソジュン)は、ハリ(コ・ジュニ)と記憶の中のヘジンの性格が異なることに戸惑い始めて…。

#7

#7

ロケハンで出張に行くことになったヘジン(ファン・ジョンウム)とソンジュン(パク・ソジュン)。シニョク(チェ・シウォン)は2人を接近させまいと出張先に向かい…。

#8

#8

シニョク(チェ・シウォン)はハリ(コ・ジュニ)にヘジン(ファン・ジョンウム)のふりをやめるよう説得する。ソンジュン(パク・ソジュン)はヘジンとハリの間で悩み…。

#9

#9

職場に復帰したヘジン(ファン・ジョンウム)の変貌ぶりに編集部の面々は驚愕。そんな中、ヘジンは童話作家にインタビューするため、編集部の先輩から車を借りるが…。

#10

#10

交通事故を起こしかけたヘジン(ファン・ジョンウム)のもとに駆けつけたソンジュン(パク・ソジュン)は、無意識にヘジンを強く抱きしめ、自分の気持ちに気付く。

#11

#11

真の再会を果たしたヘジン(ファン・ジョンウム)とソンジュン(パク・ソジュン)。一方、傷心のハリ(コ・ジュニ)の前に日本から一時帰国した母、ヘジョンが現れる。

#12

#12

ソンジュン(パク・ソジュン)に引き留められたシニョク(チェ・シウォン)はザ・モストへの残留を決める。しかしヘジン(ファン・ジョンウム)への想いは抑えきれず…。

#13

#13

交際を始めたソンジュン(パク・ソジュン)とヘジン(ファン・ジョンウム)。そんな中、ソンジュンの元上司が編集部を訪れ、ザ・モストの廃刊に関する最後通告をする。

#14

#14

ザ・モストがいよいよ廃刊の危機に。正体不明の超人気作家、テンへのインタビューを提案されたソンジュン(パク・ソジュン)はテンの小説の出版社へ向かう。

#15

#15

インタビューしようとしていたテンの正体を知り、ソンジュン(パク・ソジュン)は驚く。ヘジン(ファン・ジョンウム)はソンジュンとともにアメリカへ渡ることにするが…。

#16

#16

童話作家としての道を歩み始めたヘジン(ファン・ジョンウム)。アメリカに渡ったソンジュン(パク・ソジュン)とは毎日電話で連絡を取り合っていたが…。

さらに読み込む

TBS1 TBS2