税務調査官・窓際太郎の事件簿31

出演

小林稔侍、麻生祐未、渡辺いっけい、出川哲朗、小林千晴、近藤芳正、北村総一朗、野村昭子、矢田亜希子、坂ノ上茜、大和田伸也、関幸治、広瀬斗史輝、井上純一、水沢駿、倉田昭二、毒蝮三太夫 ほか

  • 放送未定

小林稔侍が、ダメ税務署員のふりをした国税局の陰の査察官「窓際太郎」こと窓辺太郎を演じるサスペンスシリーズ第31弾。勧善懲悪のストーリーと窓辺太郎の持つ人情味が人気の秘訣だ。今回の舞台は山口県下関市。市議会議員の転落死の裏には、子どもと高齢者のための福祉政策を悪用し、18歳選挙権を利用する政治家の影があった。この国の未来のため、窓際太郎が悪徳政治家を斬る!2016年作品。

【ストーリー】
世田谷南税務署の窓辺太郎(小林稔侍)は「窓際」と呼ばれている。もともとは国税局の査察課長という要職にあったのだが、ある事件の捜査中に部下を死なせてしまい、その責任を問われてヒラの税務署員に大左遷されたのだった。しかし、太郎にはもうひとつの顔があった。難事件があれば命を受けて悪を懲らしめる、陰の税務調査官なのだ。ある日、太郎は東京国税局局長の酒井(近藤芳正)に呼ばれる。山口県下関市の市議会議員・市原(倉田昭二)が、市長の利権絡みの疑惑を市議会で暴こうとした矢先に転落死したという。市原の死は自殺として処理されたが、椿薫(麻生祐未)から、この件で市長が進めようとしていた子どものためのスポーツ施設建設の計画が頓挫したと聞き、太郎は下関へと向かう。

番組基本情報

  • 制作年 : 2016年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ジョーカー/TBS
  • プロデューサー : 大川博史
  • ディレクター・監督 : 山崎康生
  • 脚本 : 岡本貴也
  • その他 : 山崎康生の「崎」は正式には、「大」が「立」です。システムの都合上「崎」となっております。
TBS1 TBS2