日曜劇場「愛」

出演

池内淳子、高橋悦史、松尾嘉代、村瀬幸子、浮田左武郎、新村礼子、三田村元、石井富子、椎原邦彦、奈津早苗 ほか

  • 放送未定

円地文子の小説「松風ばかり」を、『渡る世間は鬼ばかり』の橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当してドラマ化。池内淳子主演で、姉妹と姉の夫を巡る三角関係を描く。池内演じる佐山花乃はある日、妹が夫の子を妊娠していることに気付く。花乃は2人の仲を知りつつ何も言わずに耐えることを選ぶが…。夫・伸彦を高橋悦史、妹・雪乃を松尾嘉代が演じ、実力派俳優が顔をそろえた。1969年作品。

【ストーリー】
佐山花乃(池内淳子)は、ある日、同居中の妹・雪乃(松尾嘉代)の妊娠の相手が、自分の夫・伸彦(高橋悦史)だと知り、悲しみで気を失いそうになった。伸彦を深く愛し、雪乃をも傷つけたくないと願う花乃は、拷問にも似た日々を耐え抜くことで、伸彦との愛を守ろうとしたが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1969年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 宮武昭夫
  • 原作 : 円地文子「松風ばかり」
  • 脚本 : 橋田壽賀子
  • その他 : ※番宣写真はモノクロですが、本編はカラー作品です。
TBS1 TBS2