橋田壽賀子ドラマ・結婚

出演

三田佳子、小川知子、小鹿みき、杉田かおる、赤木春恵、新克利、村田雄浩、大坂志郎 ほか

  • 放送未定

「渡る世間は鬼ばかり」の橋田壽賀子が脚本を手がけたホームドラマ。ひとつ屋根の下に住む母親と4人の娘の女ばかりの家族にスポットを当てながら、それぞれが自分にとっての幸せを模索していく姿を描く。長女・秋子を三田佳子、次女・冬子を小鹿みき、三女・夏子を小川知子、四女・春子を杉田かおる、そして母親のハナを赤木春恵が好演。また、秋子の勤める会社の部長・中原一平を新克利、ハナの茶飲み友達の大野太助をベテランの大坂志郎が演じている点も見どころ。1982年作品。

【ストーリー】
花田家は母親と娘4人でひとつ屋根の下に暮らしている。一家の生活費は母親のハナ(赤木春恵)と商事会社で働く長女・秋子(三田佳子)の稼ぎで成り立っていた。次女・冬子(小鹿みき)は家事一切を担当し、三女・夏子(小川知子)は医大生、そして四女・春子(杉田かおる)はまだ高校生。花田家の暮らしは決して楽なものではなかった。そんな中、酔った秋子を上司の中原一平(新克利)が家まで送ってくる。ハナは一平と秋子が一緒になってくれたらと願うが…。一方、春子は恋人の正吉(村田雄浩)に衝撃的な告白をする。冬子は自らを見つめ直し、夏子もまた、人生の岐路に立つ。

番組基本情報

  • 制作年 : 1982年
  • 全話数 : 15話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 岩崎嘉一
  • ディレクター・監督 : 中川晴之助、井下靖央、豊原隆太郎
  • 脚本 : 橋田壽賀子

エピソードリスト

#1 くやしいッ結婚式

#1 くやしいッ結婚式

花田秋子(三田佳子)は商事会社のベテランOL。後輩の結婚式でモヤモヤした気分になった秋子は、部長の中原一平(新克利)らに誘われてスナックへ向かう。

#2 家計簿は火の車

#2 家計簿は火の車

営業部で腕をふるっていた秋子(三田佳子)が、部署を移され、閑職につくことになった。花田家では早速家計の話題になる。次の日、一平(新克利)が訪ねてきて…。

#3 台所係の有難み

#3 台所係の有難み

家出した冬子(小鹿みき)は、太助(大坂志郎)の家にいた。太助は“主婦・冬子”の有難みを家族にわからせるため、しばらく自分のところにいたらどうかと冬子に提案する。

#4 親にも言えない事

#4 親にも言えない事

家出していた冬子(小鹿みき)が帰ってきた。そんな中、春子(杉田かおる)が部屋に閉じこもってしまう。食事もとらない春子をハナ(赤木春恵)は心配するが…。

#5 末娘が選んだ人柄

#5 末娘が選んだ人柄

春子(杉田かおる)が学校から早退してきた。しかも寝たきりで食事もとろうとしない。夏子(小川知子)は軽く診察し、原因は受験によるストレスか“つわり”だと告げる。

#6 会費三千円の結婚

#6 会費三千円の結婚

結婚を決意した春子(杉田かおる)は、花田家を出て正吉(村田雄浩)と同棲を始めた。残されたハナ(赤木春恵)たちは春子を巡って激論を交わす。

#7 母親の意地と愛

#7 母親の意地と愛

結婚式の後、春子(杉田かおる)と正吉(村田雄浩)は、婚姻届を手にハナ(赤木春恵)の勤める区役所に現れた。しかし“親の承諾”がないため、書類は突き返されてしまう。

#8 大変!生まれるッ

#8 大変!生まれるッ

春子(杉田かおる)が出産間近となり、三姉妹は入院準備の手伝いにそれぞれ春子のアパートを訪ねていた。そんなある日、春子入院の知らせが花田家に入る。

#9 意外なプロポーズ

#9 意外なプロポーズ

一平(新克利)がハナ(赤木春恵)を料亭に呼び出した。ハナは秋子(三田佳子)との結婚話かと期待していたが、一平は冬子(小鹿みき)と結婚したいと言い出す。

#10 お受けできません

#10 お受けできません

秋子(三田佳子)は一平(新克利)からのプロポーズを冬子(小鹿みき)に伝えた。しかし冬子にその意志はなく、再考を勧められてもかたくなに拒み続けていた。

#11 結婚恐怖症

#11 結婚恐怖症

太助(大坂志郎)が冬子(小鹿みき)に縁談を持ってきたが、冬子は見向きもしない。ハナの不幸な結婚生活と離婚劇を見てきた冬子は、結婚恐怖症になっていて…。

#12 絶対反対です!

#12 絶対反対です!

突然やってきて、夏子(小川知子)と結婚させてほしいと言い出した邦彦(高岡健二)に花田家は大あわて。だが、夏子は結婚などする気はないとプロポーズを迷惑がる。

#13 私も嫁きます!

#13 私も嫁きます!

ハナ(赤木春恵)が退職願を書いた。秋子(三田佳子)はあわてて春子(杉田かおる)を呼び、姉妹4人でハナに太助(大坂志郎)との結婚を思いとどまらせようとするが…。

#14 嫁ぐ最後の夜に

#14 嫁ぐ最後の夜に

夏子(小川知子)のパリ行きを前に、花田家は荷造りで大忙し。そんなとき、一平(新克利)がやってきた。半年ぶりに花田家を訪ねた一平に、ハナ(赤木春恵)は冷たかった。

#15 晴れた日旅立ち

#15 晴れた日旅立ち

一平(新克利)からの二度目のプロポーズに、冬子(小鹿みき)は放心状態。ハナ(赤木春恵)は一平を非難したが、秋子(三田佳子)の助言で冬子は一平との結婚を決意する。

さらに読み込む

TBS1 TBS2