韓国ドラマ「帰ってきたファン・グムボク」ノーカット字幕版

出演

キム・ジヌ、チョン・ウヌ、シン・ダウン、イ・エリヤ、チョン・ミソン ほか

『イニョン王妃の男』で人気を博したキム・ジヌが、恋に一途な青年を好演!新任検事ソ・イヌとして、幼なじみのファン・グムボクをひたむきに愛し、助け、時に涙する、いじらしいジヌの姿は必見。また、『蒼のピアニスト』のチョン・ウヌが、ハンサムで性格もいい御曹司カン・ムンヒョク役で、イヌの恋のライバルとして共演した。シン・ダウン演じるヒロイン、グムボクが、一家の大黒柱だった母親の失踪事件をもとに、隠された真実を暴いていく姿を描いた奮戦記。2015年作品。

【ストーリー】
一つ屋根の下で仲よく暮らすシングルマザーのファン・ウンシル(チョン・ミソン)、パク・リヒャン(シム・ヘジン)、オ・マルジャ(キム・ナウン)。ウンシルの娘グムボク(シン・ダウン)は、幼いころからリヒャンの娘イェリョン(イ・エリヤ)と、マルジャの息子ソ・イヌ(キム・ジヌ)とともに育ち、イヌとは恋人関係にあった。ある日、ウンシルは初恋の相手であるカン・テジュン(チョン・ノミン)と再会するが、テジュンの妻ミヨン(イ・ヘスク)の企てにより旅行先の日本で失踪してしまう。ミヨンに脅され失踪事件に関わったリヒャンもまた、イェリョンとともにグムボクの前から姿を消してしまう。数年が経ち、グムボクはアルバイトをしながらイヌとともに失踪した3人を探していた。そんなとき、グムボクは車の中で気を失ってしまったミヨンを助け、謝礼金を受け取るためにミヨンの息子と会うことになる。その息子は昔グムボクを助けてくれたムンヒョク(チョン・ウヌ)だった。

番組基本情報

  • 制作年 : 2015年
  • 全話数 : 125話
  • ディレクター・監督 : ユン・リュヘ
  • 脚本 : マ・ジュヒ
TBS1 TBS2