おばさん会長・紫の犯罪清掃日記!ゴミは殺しを知っている6

出演

中村玉緒、さとう珠緒、風間トオル、渡辺典子、梅宮辰夫 ほか

  • 放送未定

中村玉緒とさとう珠緒のダブルたまおが清掃人に扮して、ゴミを手がかりに殺人事件を解決する人気シリーズの第6弾。中村演じる巨大コンツェルンの会長・紫と、さとう演じるOLの奈々子は、殺人事件の現場となった家を清掃することに。事件の犯人とされた人物は紫の知人だったが、2人はこれを冤罪事件と直感して真相を探り始める。2004年作品。

【ストーリー】
熊谷コンツェルンの会長・熊谷紫(中村玉緒)と部下のOL・花巻奈々子(さとう珠緒)は、知り合いの不動産屋に頼まれ、ある家をクリーニングすることになる。ところがその家は、2か月前に起きた主婦殺しの現場だった。殺された主婦・甲斐君恵(星遥子)には多額の保険金がかけられており、受取人の夫・真彦(宮下直紀)との間でトラブルが絶えなかったという情報もあったことから、警察は真彦を容疑者とみて取り調べていた。部屋を掃除し始めた紫は、そこにあった家族写真から、真彦が学生時代に紫の家に住み込んでいた書生だと気付いて驚く。そのまま掃除を続けていた紫と奈々子は、弁護士の鈴木省吾(伊藤正之)と遭遇。鈴木は、これは冤罪事件で、真彦が犯人ではない証拠をつかんだと語る。だがその直後、鈴木は家の裏庭で刺殺されてしまう。これをきっかけに、紫は独自に事件を調べることを決意。奈々子とともに、君恵が勤めていた商事会社に清掃員として潜入する。コンツェルンの社長・御乃木(梅宮辰夫)は2人の調査を見守ることに。商事会社の先輩清掃員からの情報をヒントに、紫は事件を追っていく。やがて、今度は商事会社の社内で殺人事件が起こり…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ファインエンターテイメント
  • プロデューサー : 森川真行
  • ディレクター・監督 : 中山史郎
  • 脚本 : いとう斗士八
TBS1 TBS2