検事・霧島三郎

出演

柳葉敏郎、東幹久、黒谷友香、ゴリ(ガレッジセール)、西郷輝彦、平山祐介、宇野祥平、中村育二、佐藤一平、とむ畑中、水谷妃里、川村亜紀、若山慎 ほか

  • 放送未定

これまで映画化、ドラマ化されてきた高木彬光の名作を、柳葉敏郎を主演に迎えて新たにドラマ化。霧島の婚約者の父・竜田が、殺人容疑がかかったまま行方不明に。竜田には、服薬しなければ命にかかわる持病があった。霧島は殺人事件と失踪事件の捜査を開始するが…。共演は東幹久、ゴリ(ガレッジセール)、西郷輝彦ほか。2014年作品。

【ストーリー】
東京地検の敏腕検事・霧島三郎(柳葉敏郎)は、恩師である弁護士・竜田耕太郎(西郷輝彦)の娘・恭子(黒谷友香)と婚約している。ある夜、霧島は竜田に連れられてクラブを訪れた。竜田はホステスのエリカ(水谷妃里)と親しげに話していたが、そこへエリカの元夫・小林毅(若山慎)が乱入してエリカに会わせろと騒ぎ出す。霧島と竜田が小林をたしなめるが、エリカはしゃがみ込んで震えたままだった。その数日後、エリカが自宅マンションで死体となって発見された。桑原警部(平山祐介)が駆けつけて捜査したところ、凶器は包丁と見られ、強盗の可能性も考えられた。同じ頃、竜田が行方不明に。竜田には持病があり、定期的に服薬しないと命にかかわるため、恭子と霧島、竜田の部下で霧島の友人でもある河辺達郎(東幹久)は心配を募らせる。そんな中、桑原が霧島たちのもとを訪れる。桑原はエリカの部屋に竜田が普段飲んでいる薬が落ちていたと告げ、竜田を疑っていることをほのめかす。霧島は公判部長の要請を受けて、エリカ殺害と竜田失踪事件の捜査に当たることに。気心の知れた検察事務官・北原大八(ゴリ)からサポートを受けながら、事件を調査する霧島。やがて、エリカがコンサルティング会社社長の溝口慎一郎(佐藤一平)と恋愛関係にあり、殺される直前まで溝口と一緒にいたことが分かる。事件解決の糸口がつかめない中、小林が死体となって発見された。霧島は、エリカが溝口とゼネコンがらみの不正に関する証拠をつかみ竜田に渡そうとしていたのではないかと推理するが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2014年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS/ファイン
  • プロデューサー : 森川真行、石塚清和
  • ディレクター・監督 : 生野慈朗
  • 原作 : 高木彬光
  • 脚本 : 伴一彦
TBS1 TBS2