ただ一度の人生

出演

山崎努、安田成美、中原ひとみ、泉ピン子、佐々木すみ江、蜷川幸雄、小室等、竹田裕美子 ほか

  • 放送未定

名門女子大生のあこがれの的、ダンディーな英文科講師に、保険外交員の母を持つ女子大生が声をかけられた。講師は「保険に加入したい人間を紹介する」というのだが、彼にはある秘密が隠されていた…。市川森一の脚本、山崎努、安田成美、泉ピン子らが出演したミステリータッチのドラマ。1986年作品。

【ストーリー】
名門女子大の英文科講師でシェークスピアの翻訳家、趣味はフェンシングでチェンバロの名手でもあるという尾田雄一(山崎努)。絵に描いたようにダンディーな彼の講義をうっとりと聞きほれる女子大生の中に、中里泉(安田成美)がいた。保険の外交員をしている母とひっそり暮らしている泉にとって、尾田はまぶしいくらいに遠い存在で言葉を交わすなど夢のようなことだった。その尾田がキャンパスで泉に声をかけてくる。「保険に加入したい人間を紹介する」と言って差し出されたメモを、夢心地で受け取る泉。たまたま怪我で入院していた母に代わり、彼女はメモに書かれた住所を訪ねる。千葉の金谷に住む山根ますみ(泉ピン子)は2人の子どもを持つタクシー運転手で、とても尾田の知り合いとは思えない暮らしぶりだった。ますみの夫は定職も持たず週の半分は家を空けており、たまに帰ってきたと思えば酒浸りになっているという。その夫が「自分に保険をかけてくれ」と言い出したらしい。数日後、泉は再び金谷に向かったが、ますみは家を留守にしていたため仕方なく彼女の夫がいる酒場を訪ねる。ボーイに案内されてますみの夫・耕次(山崎努)に対面した彼女は、彼が尾田とうり二つであることに驚愕する。

番組基本情報

  • 制作年 : 1986年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 高橋一郎
  • ディレクター・監督 : 高橋一郎
  • 脚本 : 市川森一
TBS1 TBS2