縁側刑事・弐〜銃の重さ〜

出演

藤竜也、本仮屋ユイカ、石野真子、吉行和子、石黒賢、田中要次、山崎樹範、中村育二 ほか

  • 放送未定

元警視庁刑事の一徹とその孫娘である西蒲田署地域課巡査のあさひが、捜査を通じて心を重ね合わせていく、藤竜也と本仮屋ユイカ共演の下町人情ミステリー第2弾。今回はあさひが拳銃を奪われ、警察官の地位も危ぶまれる大ピンチに!一徹は刑事の先輩として、銃の重さをあさひに説くが…。共演は、石野真子、吉行和子、石黒賢、田中要次ほか。2015年作品。

【ストーリー】
元刑事の一徹(藤竜也)は、東京・三ノ輪の一軒家で1人暮らし。以前は孫娘と暮らしていたが、孫娘は一徹が近所でも有名な頑固爺さんのため、家に寄り付こうとしない。そんな一徹を心配して世話を焼くのは、近くに住む総菜店の女将・千恵(石野真子)だけ。刑事だった一徹に世話になった恩から、いまだに彼を慕っているのだった。一徹は千恵から警察官になった孫娘・あさひ(本仮屋ユイカ)の近況を知らされる。西蒲田署地域課穴守稲荷交番に配属されて2年半になるあさひは、仕事にも随分と慣れ、そろそろ大きな手柄を立てたいと思っているようだ。ある日、あさひは駄菓子屋の主人・治子(吉行和子)が万引きした中学生たちを叱る現場に遭遇する。しかし、どうやらそれは中学生同士の陰湿ないじめのようで、佐久間良(中島来星)という少年が万引きを強要されているらしい。あさひは良に友達になろうと言い、携帯の番号を交換することに。そんな中、隣の洗足署管轄内で同一犯による強盗殺人事件が発生。交番長の土橋(田中要次)はあさひに、自分の判断で行動しないように念を押すが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2015年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : IVSテレビ制作/TBS
  • プロデューサー : 臼井正明、桑沢紅子、古森正泰
  • ディレクター・監督 : 錦信次
  • 脚本 : 篠原高志
  • その他 : ※脚本の篠原高志の「高」は正式には「はしごだか」です。システムの都合上「高」となっております。
TBS1 TBS2