高倉健主演「あにき」(デジタルリマスター版)

出演

高倉健、秋吉久美子、田中邦衛、春川ますみ、村瀬幸子、島田正吾、立川光貴、滝田ゆう、倍賞千恵子、大原麗子 ほか

  • 放送未定

日本を代表する映画俳優・高倉健が唯一出演した連続テレビドラマ『あにき』のデジタルリマスター版を放送!舞台は東京の下町・人形町界隈。病気で婚期を逃した妹を嫁がせようと苦心する兄と、周囲の人々との心の触れ合いを描く。脚本は倉本聰による書き下ろし。高倉が演じるのは、代々続く“とび職”の組頭・栄次。その妹・かい役には大原麗子が扮する。ほか、秋吉久美子、田中邦衛、倍賞千恵子ら豪華キャストが集結。妹を思う兄の曲折した心情や行動、兄妹が暮らす家に突然やってきた現代っ娘・恵子(秋吉)との出会いなどを軸にストーリーは展開する。高倉健自ら「思い入れのある作品」と語る人情ドラマを、ぜひ高画質映像でご覧いただきたい。1977年作品。

番組基本情報

  • 制作年 : 1977年
  • 全話数 : 13話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 大山勝美、渡辺正文
  • ディレクター・監督 : 高橋一郎、井下靖央、生野慈朗
  • 脚本 : 倉本聰

エピソードリスト

#1

#1

東京の下町・人形町。鳶職の頭・神山栄次(高倉健)は、妹のかい(大原麗子)と一緒に暮らしている。そんな中、栄次たちの住む界隈に立退きの話が出て…。

#2

#2

かい(大原麗子)に良縁がないことを心配する栄次(高倉健)は、近くのクリーニング屋に勤める平吉(立川光貴)が、かいに付きまとっているという噂を耳にする。

#3

#3

栄次(高倉健)は立退き問題で頭を痛めていた。ここ一帯の土地を売却しなければならない旦那衆と横丁の住民たち双方の事情を知る栄次は、板挟みになってしまう。

#4

#4

桐子(倍賞千恵子)の小料理屋へ寄った帰り道、栄次(高倉健)はかい(大原麗子)がデートしている現場に出くわした。心配のあまり後をつけた栄次だが…。

#5

#5

立退き問題が切迫する中、妙な噂が立つ。旦那衆と栄次が繋がっていて横丁の住民を裏切っていると言うもの。金太郎(田中邦衛)はこの話に愕然とする。

#6

#6

岡村商会が栄次(高倉健)の知らない業者により解体されたことが判明する。栄次は岡村商会の跡地にたたずみ、死んだ岡村の一人娘・恵子(秋吉久美子)のことを案じていた。

#7

#7

入院中の恵子(秋吉久美子)のことが気になる栄次(高倉健)。かい(大原麗子)たちに内緒で恵子の世話をするが、金太郎(田中邦衛)たちは、栄次に女性の影を感じる。

#8

#8

結婚を申し込まれたかい(大原麗子)は栄次(高倉健)に相談できず、松五郎(島田正吾)に仲介を頼む。その態度によそよそしさを感じた栄次は、結婚式に出ないと言い放つ。

#9

#9

恵子(秋吉久美子)が病院の個室に男性を引き込んで一夜を過ごしたことが発覚。しかし恵子は、交際相手の高津(堀田真三)を連れてきてほしいと言い出し…。

#10

#10

桐子(倍賞千恵子)から栄次(高倉健)に電話が入った。一緒に飲みたいという桐子の言葉に、いつもと違う様子を感じ取る栄次。その夜、二人は酒を酌み交わすが…。

#11

#11

栄次(高倉健)は、恵子(秋吉久美子)を見舞うため病院へ行く。そして恵子の口から、恋人・高津(堀田真三)との関係は終わったと聞かされるが…。

#12

#12

桐子(倍賞千恵子)を捨てた恋人の部屋で女性の焼死体が発見され、身元が桐子だと判明する。栄次(高倉健)や、桐子の兄・ごろ(滝田ゆう)のショックは大きく…。

#13

#13

栄次(高倉健)が恵子(秋吉久美子)の部屋へ通っているという噂が流れるが、それは別の男だと分かる。そんな折、栄次のもとに恵子がやって来て、ある頼みごとをする。

さらに読み込む

TBS1 TBS2